役割、沿革、組織

最終更新日 2018年6月15日ページID 038582

印刷

食品加工研究所の役割

 福井県食品加工研究所は食品加工技術の研究と開発ならびに食品企業や農産加工グループなどへの研修・指導、これら団体などとの相互の情報交流などを通して、福井県の農林水産業の発展と食品産業の振興を図る機関です。
 

沿革

~農産加工科時代から研究所が開設するまで~

昭和44年 農業試験場内に農産加工科を新設
昭和56年 食品加工研究施設設置構想策定(農林水産部案)
昭和57年 農産加工課と改称
昭和62年 農業試験場の付置機関として新たに食品加工研究所を現在地(坂井市丸岡町)に設置、開所


~食品加工研究所開所以降のうごき~

平成2年 福井県食品産業協議会事務局が食品加工研究所内に移転
平成5年 試験醸造免許取得、日本酒に係る研究本格化
平成6年 加工開発、技術開発の2つの研究グループ制へ移行
平成22年 食品産業支援研究、地域特産利用研究グループに改組
平成26年 農業試験場の機関から食料産業振興課直轄に移行
「6次産業化サポートセンター」業務を開始
平成28年 外部委員による食品加工研究評価会議を設置
令和元年 食料産業振興課 から中山間農業・畜産課直轄に移行


 

組織

食品加工研究所は、2つの研究グループからなっています。
農業関係、水産関係、食品表示など食品の相談に幅広く対応できるよう、さまざまな職種の職員が在籍しています。

●所長

●特別研究員

●食品産業支援研究グループ:加工技術の開発・改良、保存流通技術
              化学 1名、農林業 1名、水産 1名、栄養士 1名

●地域特産利用研究グループ:微生物利用、発酵・醸造技術、品質評価
              農学 2名 、農林業 1名、行政 1名

※食品加工研究所職員であるが、勤務地が異なる職員:3名 (農業試験場、園芸研究センター、畜産試験場勤務)

------------------------------------------------------

●6次産業化サポートセンター:6次産業化に関する相談、プランナー派遣など
              6次産業化サポートセンターに関する詳しい情報はこちらから




  

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、shokuhin@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

食品加工研究所

電話番号:0776-61-3539ファックス:0776-61-7034メール:shokuhin@pref.fukui.lg.jp

〒910-0343 坂井市丸岡町坪ノ内1-1-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)