「三岡へっつい」で炊いた「いちほまれ」のふるまいを行いました!

最終更新日 2018年10月12日ページID 040943

印刷

幕末に由利公正が考案したかまど「三岡へっつい」を使って炊飯した「いちほまれ」のふるまいを行い、今年から本格販売したいちほまれをPRするとともに、幕末明治福井150年博を広くPRしました。

      
1 日時  平成30年10月7日(日)、8日(月・祝)
                (1)13:00~ (2)15:00~
      (各回先着100名ずつ) 
     
2 場所  ハピテラス(ハピリン1階)
      福井市中央1丁目2-1
      「ふくいO・MO・I・DE Bar(バル)in ハピテラス」

3 試食について 
  「『いちほまれ』のある食卓を彩る食品コンテスト」で入賞したご飯のおとももを中に入れ、
  一口サイズに握ったおにぎりのふるまい
   (ご飯のおとも)13:00炊飯分:茄子のこうじ地辛子漬け
           15:00炊飯分:ジンジャーえのき
        
4 「三岡へっつい」について
  ・「へっつい」…かまどのこと。関西を中心に使われていた呼称
  ・「三岡へっつい」とは…
   『経綸のとき』(尾崎護著 東洋経済新報社)や『炎の如く 由利公正』
   (大島昌宏著 福井新聞社)、『竜馬がゆく』(司馬遼太郎著 文春文庫)
   によると昭和10年頃まで使われており、福井市毛矢町を中心に普及して
   いたと言われている、釣鐘を逆にしたような鉄釜に横穴を穿ち、下半分を
   分厚い土で固めたかまど 
  ・平成28年2月に県が福井県左官工業組合と共動で再現

いちほまれふるまい1  いちほまれふるまい4

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、brand@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

ブランド課

電話番号:0776-20-0762ファックス:0776-20-0513メール:brand@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)