歴史の香る建造物 保存・活用事業-明治殿改修工事(事業主体 南越前町(旧今庄町))

最終更新日 2012年4月10日ページID 003368

印刷

平成16年度事業


明治殿の外観
明治殿の外観
 

北国街道今庄宿のほぼ中央に位置する明治殿は、江戸時代初期よりの福井藩本陣で、その後明治天皇の行在所となった後藤覚左エ門家住宅の一部(奥座敷)を昭和8年に再建・保存したもので、周囲の本陣跡の一帯もあわせて整備され公徳園として現在に至っています。

南越前町(旧今庄町)では、このような地域の歴史、景観を形成している貴重な歴史的建造物を保存し、住民が自由に活用することにより、地域住民の文化的拠点・交流の場となるよう整備しました。


 

明治殿の内部
明治殿の内部
 

 

建物概要

明治殿は、昭和8年に、旧本陣と明治天皇行在所であった後藤家住宅の旧材を用いて再建・保存した建物です。

江戸時代後期から幕末の上層民家の雰囲気を持つ貴重な座敷の遺構であり、また、堂宮建築の優れた伝統技術が使われた近代木造建築の遺構です。


 

所 在 地  南条郡南越前町今庄76-6-1
構造階数  木造平屋建
延べ面積  59.70m2
 

その他の写真

画像をクリックすると大きな画像が表示されます

外観
外観
外観
外観
内部
内部

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、bunka@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

文化課

電話番号:0776-20-0582ファックス:0776-20-0661メール:bunka@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)