平成27年度 みほとけの里 若狭の秘仏 特別公開 | 福井県ホームページ

最終更新日 2015年11月24日ページID 029922

印刷

平成27年度 みほとけの里 若狭の秘仏 特別公開

※今年度の特別公開は、終了いたしました。

実施時期

 平成27年9月19日(土)~11月23日(月・祝) 

    〇公開スケジュールは こちら (PDF形式:211KB) (都合により変更なる場合があります) 
                                ※ 寺院により公開日時は異なります。

    〇公開予定の主な文化財

 

 

「みほとけの里 若狭の秘仏」特別公開パンフレット

   表紙 / 小浜市1 / 小浜市2・若狭町 /  高浜町・おおい町 / 小浜 古刹八か寺 / 

  お知らせ / 公開カレンダー / マップ /

  

みほとけの里 ライトアップ

  若狭の古刹・庭園・まち並みをライトアップ。幻想的な雰囲気の中で、歴史と風情を感じてください。

  〇リーフレット (PDF形式:2,754KB)

  〇ポスター(PDF形式:2,499KB)

 10月10日(土)~11日(日) 中山寺(高浜町中山)
  青葉山に抱かれた古刹を照らします。
 

 10月17日(土) 羽賀寺(小浜市羽賀)
  本堂にて「海のシルクロード音楽祭」を開催します。

  (開場)16:00 (開演) 16:30

  (入場料)大人 2,500円 /小学生から高校生まで 1,000円 

               (未就学児の託児有り 定員があるため、一週間前までに申し込みが必要)

  (お問い合せ・申込先)小浜市文化会館 0770-53-9700


 11月21日(土)~22日(日)  

   明通寺(小浜市門前)、萬徳寺(小浜市金屋)、神宮寺(小浜市神宮寺)
   若狭きっての紅葉の名所をライトアップ。
   萬徳寺では11月21日お茶会を実施します。(夕方17:30~19:30頃まで 拝観料込 500円)
 

   

文化財めぐりバスツアー「若狭の秘仏めぐり」

 若狭の秘仏特別公開にあわせて、地元観光協会がバスツアーを実施します。

 詳しくは下記にお問い合わせください

 〇若狭おばまの秘仏めぐりバスツアー

  小浜市、若狭町、おおい町の秘仏を巡ります。(詳細はこちら
  運行日 9月19日(土)~ 10月12日(月・祝)の土・日・祝に実施します。

  実施主体(お問合せ先) 若狭おばま観光協会 0770-53-1111(代)

 

 

 〇若狭の秘仏 ~若狭高浜・舞鶴の馬頭観音を巡るバスツアー~

  高浜町と舞鶴市に伝わる3体の馬頭観音と関西花の寺「金剛院」を巡ります。

  運行日 10月31日(土)および11月7日(土)

  問合せ (一社)若狭高浜観光協会 0770-72-0338

       合同会社 まいづる広域観光公社 のHPでも紹介されています。内容はこちら

  


  

公開予定の主な文化財

  ※ 公開日程は寺院の行事等の都合により、変更する場合がありますのでご了承ください。

小浜市

明通寺(小浜市門前)
 通常非公開の国宝三重塔内陣を特別公開します。


(公開文化財)
  三重塔(国宝)内陣 他

明通寺

加茂神社為星寺(小浜市加茂)
 為星寺は神社背後の山の上にあったと伝えられ、今では森の中に本堂だけが残っています。
(公開文化財)
  木造 千手観音立像(重要文化財)

加茂神社

高成寺(小浜市青井)
 若狭姫神社の本地仏であったとも伝わる千手観音像です。
(公開文化財)
  木造 千手観音立像(重要文化財)

高成寺

谷田寺(小浜市谷田部)
 11面42臂の千手観音像。不動明王、毘沙門天を脇侍としています。  
(公開文化財)
  木造 千手観音立像、木造 不動明王、毘沙門天立像(重要文化財)他
 ※ 秘仏めぐりバスでの公開です。

谷田寺

正林庵(小浜市太良庄)
 太良庄は中世、京都の東寺の荘園があった地域。「東寺百合文書」にも登場しています。
(公開文化財)
  銅造 如意輪観音半跏像(重要文化財)
 ※ 秘仏めぐりバスでの公開です。

正林庵

竜前薬師堂(小浜市竜前)
 背中に「若狭国一宮本地」の文字が刻まれた像です。
(公開文化財)
  銅造 薬師如来立像(重要文化財)

竜前

正法寺(小浜市大原)
 本尊如意輪観音半跏像の中開帳(10/18 10:00~開帳法要)が行われます。 
(公開文化財)
  銅造 如意輪観音半跏像(県指定)

正法寺

栖雲寺(小浜市大原)
 若狭武田氏4代目当主信親の菩提寺として建てられた臨済宗寺院です。
(公開文化財)
  木造 阿弥陀如来坐像(県指定)

栖雲寺

極楽寺(小浜市白鳥)
 像高151センチの本尊阿弥陀如来坐像は、小浜市街地では最大の仏像です。
(公開文化財)
  木造 阿弥陀如来坐像(県指定)

極楽寺

誓願寺(小浜市神田)
 海難に遭った船を助けてくれる観音として信仰されてきた聖観音像です。
(公開文化財)
  木造 聖観音立像(県指定)
  木造 阿弥陀如来坐像

誓願寺

瑞傳寺(小浜市高塚)
 古くから「子安の地蔵」として信仰されてきました。
(公開文化財)
  木造 地蔵菩薩坐像(県指定)

瑞傳寺

谷田部薬師堂(小浜市谷田部)
 谷田部区の鎮守、若宮八幡神社境内の薬師堂に安置されています。
(公開文化財)
  木造 薬師如来坐像(県指定)

 ※ 秘仏めぐりバスでの公開です。

谷田部

飯盛寺(小浜市飯盛)
 かつては七堂伽藍・十二坊あったと伝えられる真言宗の山岳寺院です。
(公開文化財)
  木造 千手観音立像(市指定)
  木造 薬師如来坐像(市指定)

飯盛寺

長泉寺(小浜市加茂)
 千手観音像は、若狭で唯一の千手千眼の像です。
(公開文化財)
  木造 千手観音立像
  木造 阿弥陀如来坐像

長泉寺

永源寺(小浜市田烏)
 平安末期に活躍した女流歌人・二条院讃岐ゆかりの寺院です。
(公開文化財)
  木造 聖観音立像

永源寺
高浜町

中山寺(高浜町中山)
 古来、海上交通の守仏として信仰を集めてきた秘仏馬頭観音を特別公開します。
(公開文化財)
  木造 馬頭観音坐像(重要文化財)
  木造 金剛力士立像(重要文化財)他

中山寺

馬居寺(高浜町馬居寺)
 寺名の由来となっている本尊馬頭観音像を特別公開します (公開文化財)
  木造 馬頭観音坐像(重要文化財)

*バスで来られる場合には、事前にご連絡ください。(0770-72-1264)

馬居寺

おおい町

長楽寺(おおい町大島)
 像高215.7㎝、若狭随一の阿弥陀如来像です。
(公開文化財)
  木造 阿弥陀如来坐像(重要文化財) 他
 ※住職が兼務のため上記日程でも不在の場合があります。事前にお問合せください。
 連絡先 飯盛寺 0770-52-6692

長楽寺

清雲寺(おおい町大島)
 毘沙門天を中尊とする三尊一具の像。卓越した技術がうかがえます。
(公開文化財)
  木造 毘沙門天・吉祥天・善膩師童子立像(重要文化財)
 

清雲寺

常禅寺(おおい町大島)
 海上の安全を守護する「波切不動」として地域の信仰を集めてきた像です。 
(公開文化財)
  木造 不動明王坐像(重要文化財)
 

常禅寺

若狭町

天徳寺(若狭町天徳寺)
 養老3年に泰澄大師が馬頭観音を刻み、岩洞に安置したのが起源と伝わる寺院です。
(公開文化財)
  銅造 阿弥陀如来立像(町指定)
  木造 馬頭観音坐像
 ※ 住職が不在の場合がありますので、来訪前に電話連絡をお願いします。
   0770-62-1038

天徳寺

諦応寺(若狭町安賀里)
 若狭での造仏の初期の作例として貴重な像です。
(公開文化財)
  木造 薬師如来立像(県指定)
  立木仏(銀杏観音)


※ 秘仏めぐりバスでの公開です。

諦応寺

安楽寺(若狭町無悪)
 お顔も円満で、量感豊かなお姿であり、手には蓮華の水瓶(すいびょう)をもち、参拝する人々に心の平安を与える優れた観音菩薩像です。 33年ぶりの御開帳です。
(公開文化財)
  木造 聖観世音菩薩立像(重要文化財)

(参考HP)

  http://wakasasakanashi.web.fc2.com/index.html

安楽寺

県立若狭歴史博物館

 

リニューアルオープン1年目の当館「若狭のみほとけ」ゾーンでは、若狭地域の貴重な仏像を公開します。今回は重要文化財や大きな大日如来坐像に加えて展覧会も含め、普段公開されていない像を中心に、文化財の宝庫として知られる若狭で守り伝えられてきた仏像を展示します。

(主な展示資料)※期間中、展示替えがあります。

 木造 聖観音立像 (重要文化財 美浜町・青連寺 平安時代)

 木造 不動明王三尊像 (未指定 小浜市・飯盛寺 平安時代 初公開)

 木造 地蔵菩薩立像 (小浜市指定 小浜市・円照寺 平安時代)

 木造 大日如来坐像 (小浜市指定 小浜市・黒駒区 平安時代) 

など、 随時入れ替え予定で、常時15体を展示。

若狭歴史博物館で展示紹介はこちら

 

小浜市遠敷2丁目104
電話0770-56-0525
 

開館時間 9:00~17:00 (入館16:30まで)


青蓮寺

木造 聖観音立像
(青蓮寺)

 おおい町郷土史料館

  おおい町大飯地域を中心に、古代から現代までの歴史・産業・民俗・仏教文化・

考古などに関する代表的な資料をわかりやすく展示しています。
 仏教文化コーナーでは奥の堂講社(おおい町大島)から寄託中の仏像を公開します。
(主な展示資料)
 木造 阿弥陀如来立像(県指定)、木造 聖観音立像(おおい町指定)
 木造 十一面観音立像(おおい町指定) いずれも 奥の堂講社
 

おおい町成和2-1-1
電話0770-77-2820
観覧料 100円 中学生以下および70歳以上の方は無料
開館時間 9:00~18:00 

奥の堂

木造  阿弥陀如来立像
(奥の堂講社)

  

  

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、bunshin@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

文化振興課

電話番号:0776-20-0580ファックス:0776-20-0661メール:bunshin@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)