福井県の眼鏡産業

最終更新日 2018年3月9日ページID 010145

印刷

産地の現状

 福井県の眼鏡産業は100年を超える歴史を持つ、本県を代表する地場産業です。
 福井県における眼鏡枠の生産量は、全国の90%以上を占めていますが、近年では、海外製品との価格競争が続く中、個人消費の冷え込みに伴い、国内外の市場が低迷するなど、産地は厳しい状態にあります。
 産地では、新素材の開発や産地統一ブランド「THE291」の確立、県内企業の自社ブランドを集めた東京南青山のショールーム「グラスギャラリー291」、地元鯖江市のめがね会館に「めがねミュージアム」を開設など、厳しい状況を乗り越え、さらに発展していくためのさまざまな取組みを行っています。
 

産地概要

眼鏡関係団体へのリンク集

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、chisangi@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

地域産業・技術振興課産学官連携推進グループ

電話番号:0776-20-0374ファックス:0776-20-0646メール:chisangi@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)