「中学生のNASA派遣応援」プロジェクトについて

最終更新日 2018年4月1日ページID 037974

印刷

プロジェクト名:「中学生のNASA派遣応援」福井県内の中学生がアメリカの宇宙関連施設へ行くチャンスに後押しを!

【新着】米国の宇宙関連施設などに派遣される中学生の結団式を開催しました!

アメリカの宇宙関連施設などに派遣される福井県内の中学生10名の結団式を、平成31年3月9日(土)に福井県国際交流会館で開催しました。

結団式1 結団式2

10名の中学生は、3月19日(火)~25日(月)の7日間の日程で、アメリカ合衆国を訪問し、NASAなどの宇宙関連施設の見学や、元宇宙飛行士やNASA職員と懇談します。

また、現地の中学校を訪問し、地元の中学生と交流する予定です。

寄付をいただいた方に、派遣される中学生が現地での体験をまとめたレポートを、お送りいたします。


福井県と人工衛星の関係

 「福井県民衛星プロジェクト」は、地方発の革新的なビジネスモデルの創出を目的に福井県内の企業等が主体となって、平成32年度に超小型人工衛星の打上げを目指すものです。

 このプロジェクトの大きな目的は次のふたつです。  

1. 製造業の発展
 福井県の高度なモノづくり技術を活かし、超小型人工衛星の製造や部材の開発を行い、収益の増加、市場の拡大を目指す。

2. 衛星データの利活用
 搭載したカメラなどから得られるデータを活用するソフトウェアを開発し、システム系企業の発展や、防災・農業・教育など幅広い分野での活用を通じ福井県民の生活の向上を目指す。


「県民衛星プロジェクト」の詳細はこちら(http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/furusato/furusatonouzei/nouzeipro5.html )

宇宙に興味を持つ子どもたちを応援

 「県民衛星プロジェクト」では、地元企業が人工衛星の打ち上げにチャレンジするのを応援するだけでなく、子どもたちが宇宙科学に関心を持ってもらうための取組みも進めています。


『中学生の海外派遣応援』は、宇宙科学と国際交流に関心のある中学生を応援するプロジェクトです。

宇宙科学の最先端である、米国の航空宇宙関連施設に中学生を派遣し、実際に見て・聞いて・体験してもらいます。

海外派遣1 海外派遣2
 

NASA派遣の概要 

 派遣期間  平成31年3月19日(火)~3月25日(月)の7日間

 派遣先   アメリカ合衆国(フロリダ州、ワシントンDC)

 活動内容  ・NASAなどの宇宙関連施設の見学

       ・元宇宙飛行士、NASA職員との懇談

       ・現地の学校訪問および中学生との交流

       ・在アメリカ合衆国日本国大使館等の政府機関の訪問  など

 

寄付金の使い道について

 アメリカへの派遣には、渡航費、研修体験費などで、1人あたり約60万円程度の費用がかかります。皆様からいただいたご寄付を活用させていただき、参加者の負担の軽減を図りたいと考えております。

 
 

寄付に対するお礼について

・派遣者の「体験レポート」を送付します。
・(公財)福井県国際交流協会発行の国際交流等に関する情報誌「交流ふくい」を送付します。


 

寄付バナー

寄付金の使い道は『中学生のNASA派遣応援』をお選びください。 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、chikikoryu@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

ふるさと県民局地域交流推進課

電話番号:0776-20-0665ファックス:0776-20-0644メール:chikikoryu@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)