高病原性鳥インフルエンザから、あなたの飼養鳥を守るために!

最終更新日 2010年12月22日ページID 013575

印刷

飼養鳥を高病原性鳥インフルエンザから守るために次のことを遵守しましょう!

1 飼養している鳥類について、可能な限り、野鳥・野生動物と接触させないようにしましょう。                                                                          (飼育小屋に入れる、防鳥ネット・防鳥器具を設置する等、飼養状況に即した措置をしましょう。)                              ※参考「農林水産省掲載 飼養衛生管理チェック表とポイント

2 可能な限り、飼養している鳥類に、飼い主以外の人が、給餌等により直接接触しないようにしましょう。

3 飼養場所等が屋外の場合は、定期的に適切な消毒を行いましょう。

4 定期的な健康観察に努め、異常があった場合には直ちにかかりつけの獣医師に相談しましょう。

関連リンク                                                                            環境省/高病原性鳥インフルエンザに関する情報                                                  農林水産省/鳥インフルエンザに関する情報                                                    厚生労働省/鳥インフルエンザについて                                                        食品安全委員会/鳥インフルエンザについて

関連ファイルダウンロード

※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iyakushokuei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

医薬食品・衛生課

電話番号:0776-20-0354ファックス:0776-20-0640メール:iyakushokuei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17番1号(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)