食鳥処理の許可について

最終更新日 2010年4月3日ページID 001688

印刷

 「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律」の規定により、食鳥を処理しようとする場合は、都道府県知事の許可が必要になります。

 許可を取得するには、一定の基準に適合した施設を整備し、かつ、「食鳥処理衛生管理者」を置かなければなりません。

 なお、年間に30万羽を超える食鳥を処理する施設には、1羽ごとに「食鳥検査員による検査」が義務づけられています。

 「食鳥」… 鶏、あひる、七面鳥

 「食鳥処理」… 食鳥をと殺して、内臓を処理すること。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、iyakushokuei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

医薬食品・衛生課

電話番号:0776-20-0354ファックス:0776-20-0640メール:iyakushokuei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)