福井県アスベスト関係情報/アスベストに関するQ&A

最終更新日 2012年4月27日ページID 002265

印刷
アスベストに関するQ&A

 

I 石綿(アスベスト)の特性、用途などについて
Q1  アスベストとは何ですか?
Q2  アスベストはどんな特性をもっていますか?
Q3  アスベストはどのようなところに使われているのですか?
Q4  アスベストに関する法律にはどのようなものがありますか?
Q5  アスベストについて、我が国ではどんな規制がなされていますか?
II アスベストによる健康影響などについて
Q6  アスベストを吸引すると、どのような病気になりますか?
Q7  どの程度の量のアスベストを吸い込んだら発病しますか?
Q8  アスベストにばく露されている可能性のある業種を教えてほしいのですが?
Q9  以前アスベストを吸い込んでいた可能性がある場合、どこに検査にいけばよいのですか?
Q10  アスベストによる疾患を心配して受診した場合は、どのような検査をするのですか?
Q11  吸い込んだアスベストは除去できますか?
Q12  アスベストが原因で発症する疾患に特有の症状はありますか?
Q13  石綿肺は、治療すれば治りますか?
Q14  中皮腫は、治療すれば治りますか?
Q15  アスベスト被害への予防策はどのようなものがありますか?
Q16  石綿肺(アスベスト肺)と診断されましたが、治療や生活上の注意点にはどんなものがありますか?
Q17  家族が中皮腫で死亡しました。職場でアスベストを取り扱っていたとは思えませんが、アスベストと関係はありますか?
Q18  現在、工場の周りに住んでいますが大丈夫ですか?
Q19  昔、アスベスト工場の近くに住んでいたことがありますが、大丈夫ですか?
Q20  夫がアスベスト工場で働いていたのですが、家族の健診はどうしたらよいですか?
III 建築物に使用されているアスベストについて
Q21  建築物では、どこに使われているのですか?
Q22  建物にアスベストが使用されているか知りたいのですが?
Q23  現在、アスベスト含有建築材料を使用している建物は制約を受けますか?
Q24  吹付けアスベストの使用状況はどうなっていますか?
Q25  吹付けアスベストおよびアスベスト含有の吹付けロックウールとはどのようなものですか?
Q26  吹付けロックウールにアスベストが含まれているかどうかは、どのように見分けるのですか?
Q27  見分けるためには、どのような分析を行いますか?
Q28  県内のアスベスト分析機関としてはどこがありますか?
Q29  吹付けアスベストがあると新たに判明した場合、どのように対処すればいいのですか?
Q30  吹付けアスベストの除去作業を行う業者に必要な資格はありますか?
Q31  アスベスト含有吹付け材(吹付けアスベストおよびアスベスト含有の吹付けロックウール)の処理にかかる法的制限はどのようなものがありますか?
Q32  アスベスト含有吹付け材以外のアスベスト含有建材の処理にかかる法的制限はどのようなものがありますか?
IV アスベスト使用製品の製造事業所および建築物解体工事について
Q33  県内にアスベストを含有する製品の製造施設の届出はありますか?
Q34  アスベスト使用製品の製造事業所周辺への影響はどうですか?
Q35  建築物解体からのアスベスト飛散について、影響はありませんか?
V アスベストに関する相談窓口などについて
Q36  相談窓口は、どこにありますか?
Q37  健康管理手帳の交付を受けたいのですが?
Q38  労災補償を受けたいのですが?
Q39  以前、アスベストを扱っていた職場に勤めていましたが、国は健康管理の対策や健康被害の補償をしているのでしょうか?

 



 

I 石綿(アスベスト)の特性、用途などについて

Q1  アスベストとは何ですか?
A1

 

 アスベストは、天然に産する鉱物繊維のことで、石綿(せきめん、いしわた)と呼ばれています。耐熱性、耐薬品性、絶縁性等の諸特性に優れているため、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等3,000種を超える利用形態があるといわれています。

アスベスト原石の写真 アスベスト繊維の写真
アスベスト繊維(顕微鏡写真)

 

[参考] アスベストの種類

分類 アスベスト名 備考
蛇紋石系 クリソタイル(白石綿) 建材等の製品については労働安全衛生法に基づき製造・輸入等禁止
角閃石系 クロシドライト(青石綿) 労働安全衛生法に基づき製造・輸入等禁止
アモサイト(茶石綿)
アンソフィライト 他のアスベストの鉱床中に不純物として含まれる
建材等の製品については労働安全衛生法に基づき製造・輸入等禁止
トレモライト
アクチノライト

 

Q&Aの目次に戻る

Q2  アスベストはどんな特性をもっていますか?
A2  アスベストは、物質的特性として
  1 紡織繊維性
  2 耐熱性
  3 抗張力
  4 耐薬品性
  5 絶縁性・耐磨耗性・防音性
があり、経済的に安価なこととあわせて、様々な工業製品に使用されてきました。
 また、通常の環境条件下では半永久的に分解、変質しないことおよび地表に沈降したものでも容易に再度粉じんとして空中に飛散するため、極めて長い間環境中に留まることが知られています。
 

Q&Aの目次に戻る

Q3  アスベストはどのようなところに使われているのですか?
A3  昭和30年代から昭和50年初頭にかけて、ビル等の建築工事において、保温断熱等の目的で吹付けアスベストが使用されていました。
 また、安価な工業材料として建築用のスレート材、防音材、断熱材、保温材、自動車のブレーキなど様々な工業製品に使用されましたが、現在では、代替品のない一部を除き、原則として製造等が禁止されています。

吹付けアスベストの写真1 吹付けアスベストの写真2
吹付けアスベストの例


 ○アスベスト品の用途
 アスベストの使用量のうち9割以上が建材に使用されており、その他、化学プラント設備用のシール材、摩擦材等の工業製品等に使用されています。
(なお、平成16年10月1日から建材、摩擦材、接着剤の製造等は禁止されています。)
 

製品の種類 主な用途
建材 押出成形セメント板 建築物の非耐力外壁および間仕切壁
繊維強化セメント板(平板) 建築物の外装および内装
繊維強化セメント板(波板) 建築物の屋根および外壁
住宅屋根用化粧スレート 住宅用屋根
窯業系サイディング 建築物の外装
アスベストセメント円筒 煙突
非建材 断熱材用接着剤 高温下で使用される工業用断熱材同士の隙間を埋める接着剤
耐熱、電気絶縁板 配電盤等
ジョイントシート 配管または機器のガスケット
シール材 機器等の接続部分からの流体の漏洩防止用の詰物
その他のアスベスト製品 工業製品材料(アスベスト布等)、ブレーキ(摩擦材)

押出成形セメント板の絵
押出成形セメント板
 
繊維強化セメント板の絵
繊維強化セメント板
 
住宅屋根用化粧スレート・窯業系サイディングの絵
住宅屋根用化粧スレート・窯業系サイディング
 
アスベストセメント円筒の絵
アスベストセメント円筒(煙突)
 
ガスケットの写真
ガスケット
 
電気絶縁用石綿セメント板の写真
電気絶縁用石綿セメント板
石綿板の写真
石綿板
石綿糸の写真
石綿糸
石綿布の写真
石綿布
石綿手袋の写真
石綿手袋

 

Q&Aの目次に戻る

Q4  アスベストに関する法律にはどのようなものがありますか?
A4  アスベストは、そこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで飛散予防等が図られています。
 アスベストに関する法律は、主に次のようなものがあります。
(1) 労働安全衛生法
(2) 石綿障害予防規則
(3) 作業環境測定法
(4) じん肺法
(5) 大気汚染防止法
(6) 特定工場における公害防止組織の整備に関する法律
(7) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律
(8) 製造物責任法
(9) 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律
 

Q&Aの目次に戻る

Q5  アスベストについて、我が国ではどんな規制がなされていますか?
A5 (1)建築工事におけるアスベストの吹き付けについて
 昭和50年の特定化学物質等障害予防規則の改正により、アスベストの吹付けは原則禁止され、現在は、全面的に禁止されています。
 このため、吹付けアスベストの使用期間は昭和30年代から昭和50年初頭とされています。
* 作業場所の隔離、送気マスクの使用等の措置を講じた場合のみ、例外的に吹付けは可能とされていました。

(2)アスベストおよびアスベスト含有製品の使用について
 労働安全衛生法により、平成7年4月にアスベストのうちアモサイト(茶石綿)とクロシドライト(青石綿)は製造・使用等が禁止されています。
 さらに、同法により平成16年10月からは、代替品のない一部を除き、アスベスト含有製品の製造・使用等が禁止(不純物としてのアスベストを1.0%以下含む場合を除く。)されています。

製造・使用等が禁止されているアスベスト含有製品(下図参照)
 (1) アスベストセメント円筒
 (2) 押出成形セメント板
 (3) 住宅屋根用化粧スレート
 (4) 繊維強化セメント板
 (5) 窯業系サイディング
 (6) クラッチフェーシング
 (7) クラッチライニング
 (8) ブレーキパッド
 (9) ブレーキライニング
 (10) 接着剤 


(3) アスベストによる障害の予防について
 昭和46年に特定化学物質等障害予防規則が制定され、アスベストを製造し、または取扱う作業については、換気装置の設置、作業主任者の選任等のばく露防止対策が義務づけられるとともに、健康診断の実施、作業環境測定等の対策を講じられてきました。
 今後、アスベストばく露防止対策は、建築物の解体等の作業が中心となることから、アスベストによる健康障害防止対策の一層の推進を図るため、建築物の解体作業等におけるアスベスト粉じんの飛散防止対策等を内容とする石綿障害予防規則が新たに作成され、平成17年7月から施行されています。


 

(参考)  製造・使用等が禁止されているアスベスト含有製品の例

 (1) アスベストセメント円筒(煙突)

 石綿およびセメントを主原料として製造される円筒。
 主に、煙突として用いられるほか、地下埋設ケーブル保護管、臭気抜き、温泉の送湯管、排水管等にも用いられます。

アスベストセメント円筒の絵

 (2) 押出成形セメント板

 セメント、ケイ酸質原料および繊維質原料を主原料として高温・高圧下で空洞を持つ板状に押出成形し、硬化させたもの。
 主に建築物の非耐力外壁または間仕切壁等に用いられます。

押出成形セメント板の絵 

(3) 住宅屋根用化粧スレート

 セメント、ケイ酸質原料、混和材料等を主原料とし加圧成形されたもの。
 主に、住宅屋根に張られた板の上に葺く化粧板として用いられます。

住宅屋根用化粧スレートの絵

(4) 繊維強化セメント板

 セメント、石灰質原料、パーライト、ケイ酸質原料、スラグおよび石膏を主原料とし、繊維等を加え成形させたもの。
 主に、工場等の建築物の屋根や外壁に用いられます。

繊維強化セメント板の絵 

(5) 窯業系サイディング

 セメント質原料および繊維質原料を主原料とし、板状に成形し、硬化させたもの。
 主に、建築物の外装に用いられます。

窯業系サイジングの絵

(6) クラッチフェーシング

 クラッチディスクの円板面または円筒端面にはり付けて使用される摩擦材部品。
 主に、クラッチディスクとフライホイールの間に配置され、駆動力の伝達を制御するものとして用いられます。

クラッチフェーシングの写真 クラッチフェーシングの絵

(7) クラッチライニング

 クラッチシューの円周面にはり付けて使用される摩擦材部品。
 主に、クラッチシューとクラッチドラムの間に配置され、駆動力の伝達を制御するものとして用いられます。

クラッチライニングの写真 クラッチライニングの絵

(8) ブレーキパッド

 キヤリパーに取り付けて使用される摩擦材部品。
 主に、ディスクローターをその両側から挟み込むことで制動力を発生させるものとして用いられます。

ブレーキパッドの写真 ブレーキパッドの絵

(9) ブレーキライニング

 ブレーキシューの円周面にはり付けて使用される摩擦材部品。
 主に、外側に広がることでブレーキドラムの内側との摩擦により制動力を発生させるものとして用いられます。

ブレーキライニングの写真 ブレーキライニングの絵 

Q&Aの目次に戻る

II アスベストによる健康影響などについて

Q6  アスベストを吸引すると、どのような病気になりますか?
A6  アスベストの繊維は、肺線維症(はいせんいしょう:じん肺)、悪性中皮腫(あくせいちゅうひしゅ)の原因になるといわれ、肺がんを起こす可能性があることが知られています(WHO報告)。
 アスベストによる健康被害は、アスベストを扱ってから長い年月を経て出てきます。例えば、中皮腫は平均35年前後という長い潜伏期間の後発病することが多いとされています。仕事を通してアスベストを扱っている方、あるいは扱っていた方は、その作業方法にもよりますが、アスベストを扱う機会が多いことになりますので、定期的に健康診断を受けることをお勧めします。現に仕事で扱っている方(労働者)の健康診断は、事業主にその実施義務があります。(労働安全衛生法)
 アスベストを吸うことにより発生する疾病としては、次のものがあります。労働基準監督署の認定を受け、業務上疾病とされると、労災保険で治療できます。

(1) 石綿肺
 肺が線維化(せんいか)してしまう肺線維症(じん肺)という病気の一つです。肺の線維化を起こすものとしてはアスベストのほか、粉じん、薬品等多くの原因があげられますが、アスベストのばく露によっておきた肺線維症を特に石綿肺(いしわたはい)とよんで区別しています。
 職業上アスベスト粉じんを10年以上吸入した労働者に起こるといわれており、潜伏期間は15~20年といわれております。アスベストばく露をやめたあとでも進行することもあります。治療法は知られていません。

(2) 肺がん
 アスベストが肺がんを起こすメカニズムはまだ十分に解明されていませんが、肺細胞に取り込まれたアスベスト繊維の主に物理的刺激により、肺がんが発生するとされています。また、喫煙と深い関係にあることも知られています。アスベストばく露から肺がん発症までに15~40年の潜伏期間があり、ばく露量が多いほど肺がんの発生が多いことが知られています。治療法には外科治療、抗がん剤治療、放射線治療などがあります。

(3) 悪性中皮腫(あくせいちゅうひしゅ)
 肺を取り囲む胸膜(きょうまく)、肝臓や胃などの臓器を囲む腹膜(ふくまく)、心臓および大血管の起始部を覆う心膜等にできる悪性の腫瘍です。(進行が早く、予後が悪い疾患です。)若い時期にアスベストを吸い込んだ方のほうが、悪性中皮種になりやすいことが知られています。潜伏期間は20~50年といわれています。治療法には外科治療、抗がん剤治療、放射線治療などがあります。

(4) 良性石綿胸水(いしわたきょうすい)(石綿胸膜炎(いしわたきょうまくえん))
 胸膜腔内に滲出(しんしゅつ)液(えき)が生じるもので、半数近くで自覚症状が無く、症状がある場合は胸痛、発熱、咳嗽、呼吸困難の頻度が高い。

(5) びまん性胸膜(きょうまく)肥厚(ひこう)
 呼吸によって肺が膨らみやすいように臓側(ぞうそく)胸膜(きょうまく)と壁側(へきそく)胸膜(きょうまく)は本来癒着(ゆちゃく)しておりませんが、良性石綿胸膜炎が発症するとそれに引き続き胸膜が癒着して広範囲に硬くなり、肺のふくらみを障害し呼吸困難をきたします。胸部X線写真上胸膜の肥厚を認めるようになりますが、この状態をびまん性胸膜肥厚といいます。
 

Q&Aの目次に戻る

Q7  どの程度の量のアスベストを吸い込んだら発病しますか?
A7  アスベストを吸い込んだ量と肺がんなどの発病との間には相関関係が認められていますが、短期間の低濃度ばく露における発がんの危険性については、不明な点が多いとされています。
 しかし、その危険性がゼロとの断定もできず、基本的に「安全な濃度」はないといわれています。
 なお、職業性ばく露の場合、低濃度ばく露では胸膜に、高濃度ばく露では腹膜に中皮腫を発症しやすいといわれています。
 現時点では、どれくらい以上のアスベストを吸えば、中皮腫になるかということは明らかではありません。
 

Q&Aの目次に戻る

Q8  アスベストにばく露されている可能性のある業種を教えてほしいのですが?
A8  厚生労働省によれば、次のような業種に従事していた方はアスベストにばく露されている可能性があります。

(1) アスベスト鉱山またはその附属施設において行う、アスベストを含有する鉱石または岩石の採掘、搬出または粉砕その他アスベストの精製に関連する作業
(2) 倉庫内等におけるアスベスト原料等の袋詰めまたは運搬作業
(3) 以下のアスベスト製品の製造工程における作業
 ・石綿糸、石綿布等の石綿紡績製品
 ・石綿セメントまたはこれを原料として製造される石綿スレート、石綿高圧管、石綿円筒等のセメント製品
 ・ボイラーの被覆、船舶用隔壁のライニング、内燃機関のジョイントシーリング、ガスケット(パッキング)等に用いられる耐熱性アスベスト製品
 ・自動車、捲揚機等のブレーキライニング等の耐摩耗性アスベスト製品
 ・電気絶縁性、保温性、耐酸性等の性質を有する石綿紙、石綿フェルト等のアスベスト製品(電線絶縁紙、保温材、耐酸建材等に用いられている。)または電解隔膜、タイル、プラスター等の充填剤、塗料等のアスベストを含有する製品
(4) アスベストの吹付け作業
(5) 耐熱性のアスベスト製品を用いて行う断熱若しくは保温のための被覆、またはその補修作業
(6) アスベスト製品の切断等の加工作業
(7) アスベスト製品が被覆材または建材として用いられている建物、その附属施設等の補修または解体作業
(8) アスベスト製品が用いられている船舶または車両の補修または解体作業
(9) アスベストを不純物として含有する鉱物(タルク(滑石)、バーミキュライト(蛭石)、繊維状ブルサイト(水滑石))等の取扱い作業
(10) 上記(1)~(9)のアスベストまたはアスベスト製品を直接取り扱う作業の周辺等において、間接的なばく露を受ける可能性のある作業
 

Q&Aの目次に戻る

Q9  以前アスベストを吸い込んでいた可能性がある場合、どこに検査にいけばよいのですか?
A9  アスベストを吸い込んだ可能性のある方で呼吸困難、咳、胸痛などの症状のある方、その他特に御心配な方は、近隣の呼吸器科もしくは呼吸器外科等を診療科目に掲げている医療機関に相談・診察されることをお勧めします。
 医療機関の検索については、「医療情報ネットふくい」(福井県広域災害・救急医療情報システム)[URL http://www.qq.pref.fukui.jp]でお近くの医療機関をお探しの上、御確認ください。
 また、県内の(社)日本呼吸器学会認定施設、特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会認定施設または関連施設、および救急医療施設輪番制当番病院でも対応できる場合がありますので、診療科や診察日時等を各医療機関にお問合せください。(下表参照)

<医療機関一覧>
医療機関名 郵便番号 住所 電話番号 (1) (2) (3)
福井県立病院 〒910-8526 福井市四ツ井2-8-1 (0776)54-5151  
福井県済生会病院 〒918-8503 福井市和田中町舟橋7-1 (0776)23-1111
福井赤十字病院 〒918-8501 福井市月見2-4-1 (0776)36-3630
福井総合病院 〒910-8561 福井市新田塚1-42-1 (0776)21-1300  
福井大学医学部附属病院 〒910-1193 吉田郡永平寺町松岡下合月23-3 (0776)61-3111
福井社会保険病院 〒911-0031 勝山市長山町2丁目6-21 (0779)88-0350    
公立丹南病院 〒916-0021 鯖江市三六町1丁目2-31 (0778)51-2260    
市立敦賀病院 〒914-8502 敦賀市三島町1丁目6-61 (0770)22-3611  
独立行政法人国立病院機構福井病院 〒914-0195 敦賀市桜ヶ丘町33-1 (0770)25-1600    
公立小浜病院 〒917-0078 小浜市大手町2-2 (0770)52-0990    
(1) (社)日本呼吸器学会認定施設(平成17年4月27日現在)
(2) 特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会認定施設、関連施設(平成17年6月現在)
(3) 救急医療施設輪番制当番病院(平成17年7月現在)

* 福井大学医学部附属病院では、アスベスト関連疾患の疑いのある方を対象に、アスベスト中皮腫外来を平成17年10月から毎週金曜日の午前中に開いております。
 詳しくは、地域医療連携センター(電話:0776-61-8451)にお問合せください。

 

Q&Aの目次に戻る

Q10  アスベストによる疾患を心配して受診した場合は、どのような検査をするのですか?
A10  胸部X線検査のほか、胸部CT検査、腹部CT検査などを行うことがあります。
 胸部X線写真でアスベストを吸い込んでいた可能性を示唆する所見が見られる場合もありますが、アスベストを吸い込んだ方すべてに胸部X線写真の所見があるとは限りません。
 

Q&Aの目次に戻る

Q11  吸い込んだアスベストは除去できますか?
A11  一旦吸い込んだアスベストは、一部は異物として痰の中に混ざり、体外に排出されますが、大量のアスベストを吸い込んだ場合や大きなアスベストは除去されずに肺内に蓄積されます。
 

Q&Aの目次に戻る

Q12  アスベストが原因で発症する疾患に特有の症状はありますか?
A12  発病し、さらにある程度進行するまでは無症状のことが多いといわれています。
 

Q&Aの目次に戻る

Q13  石綿肺は、治療すれば治りますか?
A13  石綿肺は、不可逆性の疾患であり、一度罹患すると現代の医学では治すことはできません。
 なお、じん肺の法的定義では、軽度のじん肺を管理2、中程度を管理3、重度を管理4としています。したがって、中程度まで(管理2、3)のじん肺に罹患した人に、粉じん作業等に従事させないことにより、重度(管理4)のじん肺に進むことを予防することは可能です。中程度まで(管理2、3)のじん肺に罹患した人については、他の肺疾患と合併しない限り、粉じんを吸入しない仕事に就業するのであれば特に問題はありません。
 

Q&Aの目次に戻る

Q14  中皮腫は、治療すれば治りますか?
A14  中皮腫は、胸膜、腹部あるいは心嚢(しんのう)などに生じますが、悪性胸膜中皮腫がほとんどです。悪性胸膜中皮腫という場合、びまん性のものをさします。悪性びまん性胸膜中皮腫は、非常に予後不良な病気ですが、これに対する治療には、外科療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤治療)および対症療法があります。
 まれにある限局性(げんきょくせい)・良性の中皮腫は、外科療法で治癒が期待できます。
 また、限局性胸膜中皮腫はほとんどが良性ですが、まれに低悪性度のもの(かつて胸膜の繊維肉腫などといわれていました)があり、これらは通常外科療法で治すことができます。
 

Q&Aの目次に戻る 

Q15  アスベスト被害への予防策はどのようなものがありますか?
A15  アスベストの吸入によって起こる病気は、作業現場のアスベストの粉じんやアスベスト繊維の量をできる限り減らすことで予防することができます。
 また、居宅内にアスベストがあり、飛散するおそれがある場合については、安全な除去技術を持つ作業員に取り除いてもらう必要があります。
 なお、肺がんについては、石綿ばく露と喫煙との組み合わせで肺がんの発症は相乗的に上昇するとの報告があり、禁煙は重要です。
 

 

 Q&Aの目次に戻る

Q16  石綿肺(アスベスト肺)と診断されましたが、治療や生活上の注意点にはどんなものがありますか?
A16  石綿肺(アスベスト肺)の治療はほとんどが症状の緩和です。たとえば、酸素吸入療法は息切れを軽減します。また、胸腔穿刺術(きょうくうせんしじゅつ)で肺の周囲にたまった液体を取り除けば、呼吸は楽になることがあります。
 治療方法の詳細につきましては、医療機関でお尋ねください。

 また、石綿肺(アスベスト肺)と診断された方の生活上の注意点は、次のとおりです。
 (1) 禁煙
 (2) 規則正しい生活
 (3) かぜをひかないよう注意する
 (4) 適度な運動を心がける
 (5) 食生活に気をつける
 

Q&Aの目次に戻る

Q17  家族が中皮腫で死亡しました。職場でアスベストを取り扱っていたとは思えませんが、アスベストと関係はありますか?
A17  職業歴にアスベストまたはアスベスト関連製品を取り扱う事業所等に従事していた可能性がありましたら、都道府県労働局(福井労働局等)または労働基準監督署で労災の相談を受け付けています。
 また、アスベストは昭和30年代から輸入が急増し、屋根に使われるスレートのような建材を始めブレーキライニングなど、多くの製品に使用されていたことから、職場で知らずにアスベストを吸っていた可能性もありますので、少しでも思い当たる場合には都道府県労働局または労働基準監督署に御相談ください。
 

Q&Aの目次に戻る

Q18  現在、工場の周りに住んでいますが大丈夫ですか?
A18  昭和30年代から40年代頃の間、工場の周りに住んでいたことによって、アスベストにばく露されていたかどうかはわかりませんが、現在は、作業環境はもとより、工場の敷地境界の濃度の基準の遵守が義務づけられているため、工場周辺の一般大気環境は健康に影響を及ぼしうるものとは考えられません。
 

Q&Aの目次に戻る

Q19  昔、アスベスト工場の近くに住んでいたことがありますが、大丈夫ですか?
A19  中皮腫は吸い込んだアスベストの量が多いほど発症のリスクが高いと考えられており、労働者など直接アスベストまたはアスベスト含有の製品を取り扱う方は、大量にかつ長期にわたって吸い込むので、最もリスクが高いと考えられています。
 昭和30年代から40年代頃の間にアスベスト工場の周辺に居住していた住民の中皮腫の発症については、その実態が明らかではありませんが、我が国で職業ばく露以外のアスベストばく露により、中皮腫が発症した事例の報告は極めてまれです。
 今後、情報の収集等を行って、国においても一般住民のリスクについては検討する段階であると聞いております。
 

Q&Aの目次に戻る

Q20  夫がアスベスト工場で働いていたのですが、家族の健診はどうしたらよいですか?
A20  御心配な方は近隣の専門医療機関に相談されることをお勧めします。また、自治体が実施するがん検診の機会も積極的に利用して、定期的に検査を受診していただくことをお勧めします。
 

Q&Aの目次に戻る

III 建築物に使用されているアスベストについて

Q21  建築物では、どこに使われているのですか?
A21  次の場所にアスベスト含有建材が施工されている可能性があります。
 鉄骨の耐火被覆、浴室、厨房、トイレの天井・壁、屋根、耐火間仕切り、天井・壁の内装材(防耐火材料として)、外装材、床タイル等

耐火間仕切りの写真
耐火間仕切り
天井の写真
天井
トイレの天井・壁の写真
トイレの天井・壁

 

Q&Aの目次に戻る

Q22  建物にアスベストが使用されているか知りたいのですが?
A22  アスベストは、スレート材、防音材、断熱材、保温材、吸湿材などに使用されていますが、一概に家屋のどの部分にアスベストが使用されているか、断定することはできません。
 製品のメーカー名や商品名がわかる場合には、メーカーに直接お問い合わせください。

 なお、建築相談に関する一般的な相談については、県土木事務所等で行っています。
 

Q&Aの目次に戻る

Q23  現在、アスベスト含有建築材料を使用している建物は制約を受けますか?
A23  労働安全衛生法施行令の改正により平成18年9月1日から、アスベストが0.1%を超える重量で含まれる製品は、製造、輸入、譲渡、提供または使用が禁止になりましたが、現在、使用中のアスベスト含有建築材料については、制約を受けません。
 

Q&Aの目次に戻る

Q24  吹付けアスベストの使用状況はどうなっていますか?
A24  吹付けアスベストは、昭和30年から昭和50年頃まで施工されていました。
 また、昭和55年以前に施工された吹付け岩綿(ロックウール)には、アスベストが含まれている場合があります。
 なお、現在のロックウール製品に、アスベストは含まれていません。

吹付けロックウールの写真1 吹付けロックウールの写真2
吹付けロックウールの例

 

Q&Aの目次に戻る

Q25  吹付けアスベストおよびアスベスト含有の吹付けロックウールとはどのようなものですか?
A25  主に、耐火被覆材、断熱・結露防止剤や吸音材として壁や天井に吹付けられた布状の建材です。
 

Q&Aの目次に戻る

Q26  吹付けロックウールにアスベストが含まれているかどうかは、どのように見分けるのですか?
A26  アスベスト含有のロックウール吹付けと、100%ロックウール吹付けの区別は肉眼では困難です。標本を採取(サンプリング)して、アスベストの分析を行わないと判明しません。
 

Q&Aの目次に戻る

Q27  見分けるためには、どのような分析を行いますか?
A27  光学顕微鏡(偏光顕微鏡、位相差顕微鏡による分散染色法)による定性分析およびX線回析法による定性、定量分析によりアスベストの有無を確認します。
 分散染色法は、繊維の屈折率を利用して着色により判断する方法ですが、繊維の中には同様な屈折率をもつものもあります。また、X線回析法の場合、鉱物の中には、繊維形態をしていない場合でも、アスベストと同様なX線回析パターンを示す場合もあります。
 このため、併用して行うことが必要となります。
 

Q&Aの目次に戻る

Q28  県内のアスベスト分析機関としてはどこがありますか?
A28

 県内のアスベスト分析機関としては、次表の機関があります。

《石綿含有建材中の石綿含有量等の分析機関》

分析機関名 住所 電話番号
(株)北陸環境科学研究所 福井市光陽4丁目4-27 0776-22-2771
福井県環境保全協業組合 福井市角折町8-3 0776-35-4001
(株)福井環境分析センター 越前市北府2-1-5 0778-21-8158
(注) 上記3機関は、社団法人日本作業環境測定協会に認定されている「石綿含有建材中の石綿含有率等の分析機関」です。
 

Q&Aの目次に戻る

Q29  吹付けアスベストがあると新たに判明した場合、どのように対処すればいいのですか?
A29  原則的に除去が望ましいですが、維持管理が適切に行われ、人の出入りしない室内に使用されていて、飛散、人体への吸入のおそれが少ない場合は、アスベストの使用を明示し、適切な管理で対応することもできます。
 

Q&Aの目次に戻る

Q30  吹付けアスベストの除去作業を行う業者に必要な資格はありますか?
A30  法律上は、特定化学物質等作業主任者(平成18年3月31日までに技能講習を修了した方)又は石綿作業主任者の資格および特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を有し、関係法規を遵守していれば、処理業者の資格は特に必要ありません。
 

Q&Aの目次に戻る

Q31  アスベスト含有吹付け材(吹付けアスベストおよびアスベスト含有の吹付けロックウール)の処理に係る法的制限はどのようなものがありますか?
A31

 アスベスト含有吹付け材を処理する場合には、次の規定が適用されます。
(1) 「大気汚染防止法」の特定粉じん排出等作業の届出(14日前まで)および作業基準の遵守
(2) 「福井県アスベストによる健康被害の防止に関する条例」のアスベスト排出等作業の届出(14日前まで)および作業基準の遵守
 (アスベスト吹付け材等が使用されている建築物の解体、改造、補修等の作業のうち、大気汚染防止法に規定する特定粉じん排出等作業に該当するものを除いたものが対象となります。)
(3) 「労働安全衛生法」の建築物に吹付けられている石綿等の除去の作業に係る計画の届出(14日前までに)
(4) 「石綿障害予防規則」の措置等
 (前室の設置、隔離養生、負圧除じん装置の設置、湿潤化、呼吸用保護具の着用等)
(5) 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」の特別管理産業廃棄物「廃石綿等」として、通常の産業廃棄物より厳しい規定を設けています。
 

Q&Aの目次に戻る

Q32  アスベスト含有吹付け材以外のアスベスト含有建材の処理に係る法的制限はどのようなものがありますか?
A32  石綿障害予防規則の規定に基づき、対応することが必要です。
・石綿作業主任者の選任
・アスベスト含有建材の湿潤化
・呼吸用保護具の着用および移動式集じん機の使用
・作業の記録、掲示、表示等

 アスベスト含有建材(成形板)廃棄物(非飛散性アスベスト廃棄物)は「がれき類」に該当し、産業廃棄物として安定型処分場で処分してもよいことになっています。
 非飛散性アスベスト廃棄物は、「非飛散性アスベスト廃棄物の取扱いに関する技術指針(平成17年3月30日環境省通知)」[pdfファイル:1Mb]により、適正処理を行うよう定められています。
・荷重により変形または破断しないように整然と積み重ねること
・飛散しないようシートを掛け、袋詰め等の対策を講ずること
・保管施設に囲いを設け、非飛散性アスベスト廃棄物の表示をすること
 

Q&Aの目次に戻る

IV アスベスト使用製品の製造事業所および建築物解体工事について

Q33  県内にアスベストを含有する製品の製造施設の届出はありますか?
A33  県内では、大気汚染防止法(第18条の6第1項)に基づき、平成2年1月に、越前市(旧武生市)内の1事業所から、アスベストを含有する製品の製造施設として1施設の届出がありましたが、平成16年9月に製造を中止しており、現時点で、届出されている施設(事業所)はありません。

(参考)
 大気汚染防止法では、大気環境中へのアスベストの飛散を防止するため、平成元年12月から、アスベストを含有する製品の製造施設(原動機の出力が3.7kW以上のものなど)について、県への届出、敷地境界線における排出基準(アスベストの本数10本/リットル以下)の遵守が義務付けられています(法第18条の6第1項)。
 

Q&Aの目次に戻る

Q34  アスベスト使用製品の製造事業所周辺への影響はどうですか?
A34  昭和62年および平成2年に、県衛生環境研究センターにおいて、アスベスト製造事業所の敷地境界線で、アスベストの飛散状況を測定しています。
 その結果では、アスベストの繊維本数が、昭和62年は平均3.4本/リットル、平成2年は0.51~0.78本/リットルで、法の基準値の10本/リットルを下回っており、アスベストが事業所から周辺大気環境に基準を超えて飛散していた可能性はないと考えられます。
 

Q&Aの目次に戻る

Q35  建築物解体からのアスベストの飛散について、影響はありませんか?
A35

 大気汚染防止法(第18条の15第1項)に基づく届出のあった建築物の解体等については、各健康福祉センターにおいて、届出の審査を行うとともに、作業基準(飛散防止措置)の遵守状況について監視を行っています。
 今後とも、届出の徹底に努めるとともに、届出された作業内容を十分チェックし、作業基準の遵守について指導を行うことにより、周辺環境への汚染防止を図っていきます。

Q&Aの目次に戻る

V アスベストに関する相談窓口などについて

Q36  相談窓口は、どこにありますか?
A36 アスベスト関係の相談窓口 
 

Q&Aの目次に戻る

Q37  健康管理手帳の交付を受けたいのですが?
A37  がんその他の重度の健康障害を発生させるおそれのある業務のうち、アスベストを製造し、または取り扱う業務など一定の業務に従事して、一定の要件に該当する方は、離職の際または離職の後に住居地の都道府県労働局長に申請することにより、健康管理手帳が交付されます。
 健康管理手帳の交付を受けると、指定された医療機関または健康診断機関で、定められた項目による健康診断を、決まった時期に年2回(じん肺の健康管理手帳については年1回)無料で受けることができます。
 詳細は、福井労働局にお尋ねください。
 

Q&Aの目次に戻る

Q38  労災補償を受けたいのですが?
A38  労災補償制度とは、労働者の業務災害、または通勤災害について、必要な保険給付を行う制度です。
 現在、雇用されている方や過去に雇用されていた方が、石綿肺、肺がん、中皮腫など、アスベストとの関連が認められる疾病にかかり、そのために療養したり、休業したり、あるいは不幸にして亡くなられた場合には、労災補償の対象となることが考えられます。具体的には労働基準監督署に請求書を提出する等の手続が必要となります。
 詳細は、福井労働局または県内各労働基準監督署にお尋ねください。
 

Q&Aの目次に戻る

Q39  以前、アスベストを扱っていた職場に勤めていましたが、国は健康管理の対策や健康被害の補償をしているのでしょうか?
A39  退職者の健康管理について、国は、万全を期するために、一定の要件を満たす退職者に対する健康管理手帳の交付および健康診断の実施などの対策を講じています。
 また、アスベストによる労働者の健康被害への補償については、国は、平成15年9月に、アスベストに係る認定基準を改正し、労災認定の迅速化、適正化に努めています。
 

Q&Aの目次に戻る

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kankyou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

環境政策課環境管理審査室

電話番号:0776-20-0303ファックス:0776-20-0679メール:kankyou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17番1号(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)