がん患者相談支援事業を実施しています

最終更新日 2016年11月21日ページID 026472

印刷

  

 県では、「平成28年度がん患者相談支援事業」として、下記の事業を公益社団法人福井県看護協会に委託して実施しています。がん患者ご自身、ご家族、身近な方、どなたでもご利用できますのでお知らせします。 

 参加費  いずれも無料
 問合せ先 公益社団法人 福井県看護協会 
      〒918-8206 福井市北四ツ居町601
      相談専用電話 0776-54-8620 ファックス 0776-54-8474

 ◆平成28年度版のがん相談に関するポスター、リーフレットおよび名刺カードを作成しました◆
 ◆下記リンクからダウンロードできます◆
  ポスター(PDF)
  リーフレット(PDF)
  名刺カード(PDF)

  ◆福井県のがん患者のためのハンドブック「がん情報ふくい」を作成しました◆
   医療費助成制度、セカンドオピニオン、相談窓口、就労支援等、がん患者にとって必要な情報が1冊にまとまっています。
  ◆下記リンクからダウンロードできます◆
     がん情報ふくい(PDF)
 

 がん患者相談支援事業の活動

 まちなかがん総合窓口
 まちなかがんサロン
 がんピアサポート勉強会
 小児がん患者・家族支援

 

1 まちなかがん総合窓口 

 病気、生活、家族のことなど様々なご相談にお答えします。来所面接、電話相談があります。

 ○定例相談 毎週火曜日 10:30~15:00
       (場所)福井県看護協会(福井市北四ツ居町601)(電話)0776-54-8620
 

    

2 まちなかがんサロン

 患者や家族が、同じ体験をしたもの同士で集い、迷いや悩み、体験等を語り合い、一緒に考え元気になれる交流の場を提供します。当日は、ハンドトリートメントなど、ちょっとしたお楽しみも準備しています。
 
こころもからだもリラックスし、ゆっくりとした時間を過ごしませんか。
 
参加は無料です。お気軽にお越しください!                                                        

 (福井会場)平成28年12月9日(金)13:30~15:30
                    
平成29年3月10日(金)13:30~15:30
                    
福井県看護協会
                          
(福井市北四ツ居町601 電話0776-54-8620) 

 ☆★☆ 平成28年度 第3回目のサロンを開催しました ☆★☆   

とき:平成28年9月2日(金)13:30~15:30
場所:坂井地区交流センター「いねす」
内容:フリートーキング
    がん体験談、がん予防のための生活習慣、がん検診の大切さ、普段の体調のことなど自由に語り合いました。
    ★サロンを運営されている県看護協会の高村さん★
     04    
   ハンドトリートメントおよびフットトリートメント

        看護師でロイヤルセラピスト協会認定講師の仲村さんを講師に迎え、手と足のマッサージを行いました。
     ハンドトリートメントは、アロマローションを使って軽めの力でマッサージします。自分で行うこと
    もできる
ため、日常生活の中でも、特に入浴前に行うとリラックス効果があるそうです。
      フットトリートメントは、自分で行うことは難しいですが、当日はみなさん気持ちよさそうにマッサージ
    を受けてらっしゃいました。身近な人にやってもらえるといいですね。
      
★ハンドトリートメントの様子★            
    03
 

 

                            

3 がんピアサポート勉強会

 がんを体験した同じ立場からがんの患者や家族をサポートする「がんピアサポーター」を目指す人を対象に、がんの基礎知識や患者さんへのかかわり方、プライバシーの保護等を学ぶ勉強会を実施しています。(ピア=peer 同じ立場、仲間)

 平成28年度の勉強会は終了しました
(場所)福井県看護協会会館 〒918-8206福井市北四ツ居町601
(日程)
 【第1回】 平成28年8月27日(土)13:30~16:00
       「福井県のがん対策とがん患者相談支援推進事業の紹介」 福井県健康福祉部健康増進課
    05
   「がんピアサポーターとは~ピアサポートにとって大事なこと~」 
    滋賀県がん診療連携協議会代表 菊井 津多子 氏
    06
   「先輩サポーターから~活動の実際~」 
    07
 【第2回】 平成28年9月17日(土)13:30~16:00
  「がんを知る~がん医療の基礎知識~」
    県立病院緩和ケア科主任医長 岩佐 智子 先生
    08
   ※交流会もありました
 【第3回】 平成28年10月15日(土)9:30~16:00
     「より良いコミュニケーション入門~実際にやってみよう!~」 
     福井県済生会病院こころの診療科 臨床心理士 車屋 知美 先生
    10
 

●実践 自己紹介、エゴグラム、座り方の演習、ロールプレイ 等・・・

~休日を利用し、患者ご本人、ご家族とたくさんの方が参加してくださいました!~
 みなさん、熱心に講義を受け、質問もたくさんされていました。
 また、休憩時間には、お互いの体験談や近況について話され、初対面の方も多かったのですが、終始、和やかな雰囲気でした。
 最終日は、1日と長時間でしたが、演習を交えた勉強会は笑いが絶えず、あっという間で、今後も、仲間同士で支え合い、学び合うことを約束して閉会となりました。 

○●○参加した方の感想○●○

・体験者だからといって、すぐにピアサポートができるわけではないことがわかった。
・勉強会で心構えなどを学んだ上で実践しないといけないし、活動中にも研修や指導を受ける必要があると感じた。
・他の患者さんとこのような体験をすることは初めて。いろいろな思いがあり、様々な思いで参加されていることを感じた。
・力強い知り合いに出会え、今後の人生において貴重な出会いの場にもなった。
・相手の思いに共感できないと相手に不信感を与えていることがわかった。言葉だけでなく、表情や態度も気をつけたい。
・同じような思い、志をもった方が他にもたくさんいることがわかり、嬉しかった。
・同じ仲間と学び、貴重な時間を過ごすことができた。サポーターとなっても、自分もこの仲間に支えてもらえると思った。

   

4 小児がん患者・家族支援 

 慣れない病院生活や治療を送る子どもとその家族の不安を、遊びなどを通して和らげ、受け入ることができるよう「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト(HPS)」を派遣して支援しています。
・月4回(金曜日) 福井大学医学部附属病院小児科病棟
 ※その他の拠点病院にも不定期で派遣しています。 

 HPSによる支援を受けたご家族が、平成27年7月にボランティアの会「ホスピタル・トイふくい」を結成しました 。病気と闘う子どもたちとその家族を支えるHPSの活動を支えたいという思いで設立され、9月には赤い羽根共同募金からの助成金の交付を受け、小児医療用玩具を購入し、HPS活動に役立てられています。
 また、機関紙を下記のとおり発行しています。

 ・「ホスピタルTOYだより(第1号)」
 ・「ホスピタルTOYだより(第2号)」

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kennzou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康増進課

電話番号:0776-20-0349ファックス:0776-20-0643メール:kennzou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)