ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

最終更新日 2016年4月22日ページID 030055

印刷

 高等学校を卒業していない(中退を含む)ひとり親家庭の親と児童が、高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す場合、民間事業者などが実施する対策講座の受講費用の軽減を図り、効果的にひとり親家庭の親の学び直しを支援することを目的として給付金を支給します。
 ※平成28年度よりひとり親家庭の児童も対象となりました。

対象者(次のすべての要件を満たす者)

  1. 県内に住所を有していること。

  2. 20歳未満の子どもを養育しているひとり親家庭の親および児童。
  3. ひとり親家庭の親が児童扶養手当の支給を受けているまたは同等の所得水準にあること。
  4. 支給を受けようとする者の就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況から判断して、高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる者であること。

  ※ただし、高等学校卒業者および大学入学資格検定・高卒認定試験合格者など既に大学入学資格を取得している方は対象とはなりません。

対象講座

  高卒認定試験の合格を目指す講座(通信制講座を含む。)で、知事が適当と認めたもの。

  ※ただし、高卒認定試験の試験科目の免除を受けるために高等学校に在籍して単位を修得する講座を受け、高等学校等就学支援金制度の支給対象となる場合、本給付金の対象とはなりません。
  ※講座の受講を始める前に、受給要件の審査や対象講座の指定を受ける必要があります。

給付金の種類

 (1) 受講修了時給付金
    支給対象者が対象講座の受講を修了した際に支給

 (2) 合格時給付金
    受講修了時給付金を受けた者が、受講修了日から起算して2年以内に高卒認定試験の全科目に合格した場合に支給

支給額

 (1) 受講修了時給付金
    支給対象者が対象講座の受講のために本人が支払った費用の20%に相当する額。
    ただし、その20%に相当する額が10万円を超える場合の支給額は10万円とし、4千円を超えない場合は受講修了時給付金の支給は行いません。

 (2) 合格時給付金
    支給額は支給対象者が対象講座の受講のために本人が支払った費用の40%に相当する額。
    ただし、受講修了時給付金と合格時給付金の支給額の合計は15万円とします。

申請時期

 (1)対象講座の指定       受講開始日以前に申請書を提出

 (2)受講修了時給付金      修了日から起算して30日以内

 (3)合格時給付金        合格証書に記載されている日から起算して40日以内

事前相談について(必ず行ってください!!)

  受講修了時給付金または合格時給付金の支給を希望される方は、高卒認定試験合格のための講座を受講される前に、あらかじめ
御相談ください。もし、事前の相談がなく講座の受講を開始された場合は給付金の支給ができないのでご注意ください。

  相談先については、こちらをご覧ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kodomo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

子ども家庭課

電話番号:0776-20-0341ファックス:0776-20-0640メール:kodomo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17番1号(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)