立体画像表現図を交付します

最終更新日 2018年11月27日ページID 039896

印刷

 

・近年、局地的な豪雨が降る傾向が高く、各地で山地災害が発生しています。
・山地災害に備えるためには、治山工事などのハード対策のほか、山地災害の恐れのある箇所の情報提供など
 ソフト対策が重要です。このため福井県では、県で作成した「立体画像表現図」を、森林の適正な管理や
 山地防災など、次の各号に該当する場合に交付しております。

 

(1)国や地方公共団体等の公共機関が業務上必要とする場合
(2)国立研究開発法人森林総合研究所等の研究機関が業務上必要とする場合
(3)森林所有者、林業事業体(森林組合を含む)、福井県森林組合連合会が森林経営計画等の作成や
   その計画を実施するために必要とする場合
(4)その他管理者が公益上の理由により必要と認めた場合

 

・立体画像表現図の交付を希望される方は、作成箇所位置図より入手したい箇所があるかを確認のうえ、
 交付要領により、森づくり課または各農林総合事務所林業部まで交付申請書を提出ください。 

 

 <立体画像表現図とは?>

・航空レーザ測量により得られた地形データを、尾根や谷などの地形に応じて色付けを行い、
 地形を分かりやすく表現したものです。
・どの方向から見ても、また拡大や縮小しても、非常に安定した立体感が得られるのが特徴です。
・立体画像表現図は様々な分野で利活用が進められており、火山地形や地すべり地形等の把握や、
 研究における地形判読で使用されています。また、遺跡調査や古墳調査、登山用マップ、学習
 用機材のほか、林道・作業道の現況把握・計画立案や、森林境界の把握のための参考資料にも
 使用されています。

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、mori@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

森づくり課

電話番号:0776-20-0442ファックス:0776-20-0655メール:mori@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)