地球温暖化と森林

最終更新日 2008年4月18日ページID 002046

印刷

 地球の表面は窒素や酸素などの大気でおおわれ、その中には「温室効果ガス」とされる気体も含まれています。地球は太陽から届いた熱によって暖められ、夜になると蓄えられた熱が宇宙に放出されて気温が下がります。この際、地球の気温が下がり過ぎないように熱をほどよく吸収して地表に止めているのがこの温室効果ガスです。

 ところが、近年、温室効果ガスは必要以上に増加しました。増加した温室効果ガスがより多くの熱を吸収、地球に放出するようになり気温が上がってしまったのです。地球がセーターを着て厚着している状態・・・といえば、分かりやすいでしょう。こうして、地球の気温が少しずつ上昇していくことを「地球温暖化」といいます。

 ここでは、森林が地球温暖化の防止に役立っていることをご紹介します。     

 

       ● いま、私たちの地球に何がおきているのか

       ● 二酸化炭素吸収源として期待される森林

       ● 温暖化防止のための取り組み

       ● 森林が背負う「3.9%」の課題

       ● 森林吸収源対策がもたらす効果

       
● 温暖化防止のため、私たちにできること


   

 「森づくり課」<森を知る>へ戻る

 

                            
        

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、mori@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

森づくり課

電話番号:0776-20-0442ファックス:0776-20-0655メール:mori@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)