選挙のしくみ - 公職(選挙)の種類

最終更新日 2015年5月22日ページID 005976

印刷

 

2 公職(選挙)の種類

    (1)公職(選挙)の種類

    公職(選挙)の種類 任期 定数
    衆議院議員 4年 比例代表180人(北信越ブロック11人)
    小選挙区295人(福井県内2人)
    参議院議員 6年
    *3年ごとに半数改選
    比例代表96人
    選挙区146人(福井県選挙区2人)
    都道府県 知 事 4年 1人
    都道府県議会議員
    (一般選挙)
    4年 各都道府県において条例で定める
    (福井県37人)

    福井県議会議員選挙の選挙区(PDF)
    市町村 市町村長 4年 1人
    市町村議会議員
    (一般選挙)
    4年 各市町村において条例で定める
     
      ア 総選挙
       総選挙とは、衆議院議員の定数全員を選ぶために行われる選挙であり、任期(4年)満了によるものと解散によって行われるものの2つがあります。なお、総選挙が行われる時には、最高裁判所裁判官の国民審査があわせて行われます。

      イ 通常選挙
       通常選挙とは、参議院議員の任期(6年)満了に伴う選挙のことをいいます。参議院議員は3年ごとに半数が入れ替わるよう憲法で定められていますので、3年に1回、定数の半分を選びます。

      ウ 一般選挙
       一般選挙とは、任期満了や解散など地方公共団体の議会議員の定数全員について行われる選挙のことをいいます。

      エ 補欠選挙
       補欠選挙とは、衆議院議員、参議院議員、地方公共団体の議会の議員が死亡・退職等によって欠けた場合で、繰上補充をしてもなお一定の欠員がある場合に行われる選挙のことをいいます。補欠選挙の場合は、前任者の残任期間しか在任できません。

      オ その他の選挙
       上記のほか、新たに地方公共団体が設置された場合に行われる設置選挙や当選人が得られない場合等に改めて行われる再選挙、議会の議員の任期中に議員の定数を増員して行う市町村議会の議員の選挙(増員選挙)などがあります。


    (2)選挙期日

       選挙の投票日のことを正式には「選挙期日」といいます。選挙期日は、議会や行政に空白をつくらないよう一定の期間内に設定することが、選挙の種類ごとに法律で定められています。
    区分 任期満了による選挙 議会の解散による選挙 その他の選挙
    衆議院議員
    参議院議員
    ・任期満了日前30日以内
    ・任期満了による選挙を行うべき期間が国会の開会中または国会の閉会後23日以内にかかる場合は、国会閉会後24日以後30日以内
    ・解散の日から40日以内
    (衆議院議員のみ)
    ・再選挙、補欠選挙は基本的に4月と10月の年2回に統一※一部例外あり。
    地方公共団体の
    議会の議員
    ・任期満了日前30日以内 ・解散の日から40日以内 その他の選挙
    地方公共団体の長 ・任期満了日前30日以内
      また、選挙期日の公示または告示をすべき日も法律で定められています。
    区分 公示または告示をすべき日
    衆議院議員の選挙 選挙期日の少なくとも12日前
    参議院議員の選挙 〃      17日前
    都道府県知事の選挙 〃      17日前
    都道府県の議会議員の選挙 〃       9日前
    指定都市の長の選挙 〃      14日前
    指定都市の議会議員の選挙 〃       9日前
    指定都市以外の市の選挙 〃       7日前
    町村の選挙 〃       5日前

 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、senkan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

選挙管理委員会事務局

電話番号:0776-20-0357ファックス:0776-20-0631メール:senkan@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)