【H23.1.4】整備新幹線問題に関する今後の対応について(H22.12.27決定)

最終更新日 2011年1月4日ページID 013639

印刷

  平成22年12月27日(月)、「整備新幹線問題検討会議」において、「整備新幹線問題に関する今後の対応について」(別添資料1参照)が決定されました。

  未着工区間については、「各線区の課題について、さらに詳細な検討を進める。並行して、安定的な財源見通し、着工の基本的条件についての検討を深める」とされました。

 また、北陸新幹線(高崎~長野間)建設の債務償還の財源として、鉄道・運輸機構の剰余金を活用することにより、貸付料を整備新幹線の建設費に充当できることとなりました。

 さらに、平成22年12月24日(金)に閣議決定した整備新幹線整備事業費の政府予算案について、新規着工が決定した場合の留保分を含む線区別配分(別添資料2参照)が今回示されました。
 

平成23年度政府予算案(単位:億円)

平成23年度政府予算案 平成23年度 平成22年度
(補正込)
対前年比
(補正込)
整備新幹線整備事業 2,950 2,600
(2,795)
114%
(106%)
うち新規着工が決定した場合の留保分 90 90 100%

 

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、shinkansen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

新幹線建設推進課

電話番号:0776-20-0298ファックス:0776-20-0729メール:shinkansen@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)