今年も2羽のコウトノリを放鳥しました

最終更新日 2017年10月23日ページID 036835

印刷

ほまれくんの飛翔

 3年連続で放鳥を実施

 越前市で今年5月に生まれた2羽の雄のコウノトリを10月8日に同市白山地区の安養寺町で放鳥しました。この2羽は1971年に白山地区で、くちばしが折れた状態で保護されたコウノトリ「武生」の孫にあたります。県が2011年から飼育している「ふっくん」と「さっちゃん」には、今年も有精卵が産まれなかったため、兵庫県立コウノトリの郷公園から、武生の娘「紫」が産んだ有精卵を譲り受け、「ふっくん」、「さっちゃん」の巣に托卵して育てさせました。2羽の雄は、公募により「ほまれくん」、「かけるくん」と名づけられ、この日、約300人の地元住民に見守られながら元気に飛び立って行きました。
 

知事と命名者の記念撮影  放鳥シーン
「かけるくん」、「ほまれくん」の名前は、それぞれ光川晴菜さん(12才)と鶴谷百恵さん(9才)、菜々恵さん(7才)の姉妹がつけました。表彰式の後、西川知事との記念撮影がありました。

 テープカットとともに放鳥用の木箱が開けられました。最初に飛び出したのは弟の「ほまれくん」、兄の「かけるくん」は箱の中にしばらくいた後、跡を追うように同じ方向に飛んでいきました。

 

福井県で放鳥された6羽は足環で見分けられます

足環リスト
※兵庫県立コウノトリの郷公園のホームページの図を加工して使用

 

福井県がこれまで放鳥した6羽のコウノトリには、背中に位置を確認する発信機のアンテナが装着され、両足には個体を識別するための足環がつけられています。


放鳥した6羽の位置は コチラ です

 

 











 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、shizen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

自然環境課

電話番号:0776-20-0305ファックス:0776-20-0635メール:shizen@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)