親子書道教室「料紙ワークショップ」が開催されました。

最終更新日 2018年11月15日ページID 039960

印刷

 親子書道教室「料紙ワークショップ」が開催されました。

 zenntai  sakuhinn

日時:平成30年11月10日(土)13:30~15:30

場所:卯立の工芸館(越前市和紙の里)

主催:文化庁

共催:越前市・越前装飾料紙シンポジウム実行委員会・福井県和紙工業協同組合・越前和紙の里三館

講師:生涯学習・文化財課 小谷寛幸

参加者:小学生を中心とした親子12名

  越前和紙職人が「平安装飾料紙復元プロジェクト」において、手漉き料紙の再現に成功したことを記念し、親子で料紙に親しむワークショップが開催されました。

 料紙は主に仮名文字を書写する際に用いられた装飾を施した和紙です。その歴史は奈良時代まで遡るとされ、平安時代には様々な技法で制作され全盛期を迎えます。

 本講座では、「継紙(つぎがみ)」という技法により装飾を施すオリジナルの料紙を制作し、筆ペンで「ありがとう」と書写しました。また、発泡スチロールを使用した簡単ハンコ作りにも挑戦し、作品に押印することで平安調の作品に仕上がりました。

 この他にも生涯学習・文化財課では、漢字を楽しく学ぶ出前講座などを行っています。興味のある方はぜひご連絡ください。

    

 

 

   

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、syoubun@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

生涯学習・文化財課

電話番号:0776-20-0559ファックス:0776-20-0672メール:syoubun@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)