「第6回白川静漢字教育賞記念講演」を開催しました。

最終更新日 2018年11月29日ページID 039897

印刷

「第6回白川静漢字教育賞記念講演」(講師:石川九楊氏)

 福井県出身の書家・評論家、石川九楊氏を講師に招き、日本の文字文化についてお話いただきました。

 今回のテーマは、「日本における文字文化」で、119名の方が参加されました。日本語は、漢字とひらがな、カタカナの三つの文字を要する世界でも稀な言語であること、漢字語は政治、宗教、哲学の表現を得意とし、ひらがな語は四季と恋愛の表現を得意とすること、文字とは肉筆であること、白川静先生との出会いなど、いろいろなお話を伺うことができました。

 参加者のみなさんからは、「石川先生が、文字とは肉文字(書かれた文字)を指すと繰り返し話されていたので、改めて肉筆の大切さを考えるきっかけとなりました。」「書かなくなることは政治、宗教、哲学的表現の低下を招くというお話は説得力がありました。」「県外の祖父母に手紙をしたためようと思います。」といった声が聞かれました。
 kinenkouen kinenkouen2

    

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、syoubun@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

生涯学習・文化財課

電話番号:0776-20-0559ファックス:0776-20-0672メール:syoubun@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)