2018年漁業センサス

最終更新日 2019年8月28日ページID 039555

印刷

統計情報課のページ漁業センサス目次調査の概要

 

2018年漁業センサス調査結果(速報)

 結果の概要

・海面漁業の漁業経営体数は816経営体、漁業就業者は1,324人。
・2013年漁業センサスと比べると、漁業経営体は196経営体(19.4%)の減少、漁業就業者は411人(23.7%)の減少。

区 分 2018年

2013年

増減率(%)

経営体数等

構成比(%) 経営体数等 構成比(%)
漁業経営体 経営体
816
100.0 経営体
1,012
100.0 ▲19.4
 個人経営体 778 95.3 970 95.8 ▲19.8
 団体経営体 38 4.7 42 4.2 ▲9.5
個人経営体 778 100.0 970 100.0 ▲19.8
 専業の経営体 223 28.7 255 26.3 ▲12.5
 兼業の経営体 555 71.3 715 73.7 ▲22.4
漁業就業者
1,324
100.0
1,735
100.0 ▲23.7
 うち60歳以上 726 54.8 922 53.1 ▲21.3
漁船隻数
1,235
100.0
1,498
100.0 ▲17.6
 うち動力漁船 738 59.8 938 62.6 ▲21.3

 

報告書 

2018年漁業センサス(海面漁業調査漁業経営体調査)調査結果速報(PDF形式:1114KB)
以下は抜粋したもの
1.結果の概要(PDF形式:452KB)
2.統計表(PDF形式:1260KB)
3.調査の概要(PDF形式:121KB)
4.用語等の解説(PDF形式:319KB)

 統計表

統計表(Excel形式:138KB)

調査票

漁業経営体調査票1(PDF形式:446KB) 
漁業経営体調査票2(PDF形式:547KB)

調査の概要

1 調査目的

 本調査は、漁業の生産構造・就業構造を明らかにするとともに、漁村、流通・加工業等、漁業の背景の実態を把握し、水産行政諸施策の企画・立案、推進等に必要な資料を整備することを目的に、5年ごとに実施しています。昭和24年に第1回目の調査が実施され、今回が14回目の調査となります。

ポスターサムネイル 
↑クリックでパンフレット(PDF)を表示できます。↑

2 調査体系

調査の種類 調査の系統 調査の方法
海  面
漁業調査
漁業経営体調査 農林水産省

都道府県

市区町村

統計調査員

調査対象
調査員調査または
オンライン調査
(調査員調査は自計申告を
基本とし、面接調査も可能。)
海面漁業地域調査 農林水産省

地方組織

(統計調査員)

調査対象
郵送調査または
オンライン調査
内水面
漁業調査

内水面漁業経営体調査

調査員調査または
オンライン調査
(調査員調査は自計申告を
基本とし、面接調査も可能。
また、郵送により配布し、
回収を郵送または職員が行う
ことも可能。)
内水面漁業地域調査 郵送調査または
オンライン調査
流通加工
調  査
魚市場調査
冷凍・冷蔵、水産加工場調査 調査員調査または
オンライン調査

 

3 海面漁業調査対象市町

 (沿海の11市町)
  福井市、敦賀市、小浜市、あわら市、坂井市、南越前町、越前町、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町  

 

4 調査事項(海面漁業調査漁業経営体調査)

 ・漁業種類、使用漁船、養殖施設その他漁業経営体の経営の状況
 ・個人漁業経営体の世帯の状態および世帯員の漁業就業日数その他の就業状況

 

5 調査の期日

 平成30年11月1日現在

  

関連リンク

農林水産省「漁業センサス」
漁業センサスバナー

トップに戻る

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、toukei-jouhou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

統計情報課

電話番号:0776-20-0271ファックス:0776-20-0630メール:toukei-jouhou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)