福井県 平成16年度福井県バランスシート・行政コスト計算書の概要

最終更新日 2008年4月18日ページID 002550

印刷

福井県普通会計バランスシート等の概要

 

1  作成の目的                                          

バランスシートをはじめとした企業会計的手法を用いて、各種の財務諸表を作成、公表することにより、公正で透明性の高い行政運営を推進していきたいと考えています。

今回、平成16年度の決算を踏まえ、各財務諸表を公表します。

 

2  各指標の概要

(1)福井県の普通会計に関する財務諸表

バランスシート

  現行の会計方式は1会計年度の資金の流れを中心としているため、資産や負債などのストック

 に関する情報は分かりにくくなっています。このため、減価償却等の企業会計的手法を用い、本

 県の資産、負債および正味資産の状況等を明らかにします。

 

行政コスト計算書

  県の行政活動では、バランスシートに計上される資産の形成だけでなく、人的サービスや給付

 サービスといった行政サービスが大きな比重を占めています。これらの経費や減価償却費など、

 1年間の行政サービスのコストを明らかにします。

 

(2)県の資産等の全体像を幅広くとらえるための財務諸表

県の普通会計と企業会計を合わせたバランスシート

  普通会計バランスシートに、病院事業や電気事業などの公営企業会計を含めて、資産、負債お

 よび正味資産の状況等を明らかにします。

 

県の連結バランスシート(試行)(2)①に第3セクターや公社を追加

  県の普通会計・企業会計に、出資比率が高いなど県と密接な関係にある第3セクターや公社な

 どを含め、資産、負債の状況等を明らかにします。

 

(3)県の施設ごとの財務諸表

 施設ごとのバランスシート・行政コスト計算書

  県民の皆様に広く利用されている主な公の施設について、施設ごとの資産と負債の状況等や、

 1年間の行政サービスのコストを明らかにします。

 

3  今回からの新たな取組み

(1)福井県の連結バランスシートの試行

  各地方公共団体は、多様な住民のニーズにこたえるため、第3セクターや公社等を活用して

 行政サービスを機動的、弾力的に提供しています。これら第3セクター等は、行政サービスの

 実施主体としては県と同じであり、また県との関係において間接的に県の財政に影響を及ぼす

 場合があります。

  これらの観点から、平成17年9月に総務省が作成した「地方公共団体の連結バランスシート

 (試案)」に基づき、県と密接な関係にある20の第3セクターと3地方公社を合わせて資産と

 負債の状況等を明らかにします。

 

(2)施設ごとのバランスシート・行政コスト計算書の改定

  平成16年度から作成を始めた施設ごとのバランスシート等の作成について、対象施設を8施

 設から主な公の施設30施設に増やすとともに、活動状況や利用者の推移について写真や図表を

 活用するなどわかりやすい構成としました。


 財務企画課のページへ戻る

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、zaisei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

財政課

電話番号:0776-20-0234ファックス:0776-20-0629メール:zaisei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)