被害防止のための対策

1 戸締りをする
    被害防止のためには、近所に出かけるなどの短時間であっても外出時や就寝前には戸締りをしまし
 ょう。また、在宅時においても戸締りをしましょう。なぜなら在宅時に泥棒が侵入してくると、凶器
 などで襲われ、殺人事件などに発展する恐れがあるからです。

2 二階の窓なども戸締りする
  泥棒は、電柱や立ち木などを伝って二階から侵入してくることもあるため、二階も戸締りをしましょ
 う。

3 明かりをつけておく
  夜間は玄関灯や門灯を一晩中点灯させて、泥棒が嫌がる明るい環境をつくりましょう。また、帰宅が
 夜遅くになる場合は、居間の
電気をつけておくと、人がいるように見せかけることができます。

4 テレビやラジオをつけておく

  短時間の外出時には、テレビやラジオをつけておくことで、人が家にいるように見せかけることがで
 きます。

5 鍵は性能の良いものを取り付け、主鍵のほかに補助鍵を取り付ける

   補助鍵を取り付けることで泥棒の侵入が困難になります。

   下の鍵は、インテグラロックと言い、特殊な工具により簡単に鍵を開けてしまう、ピッキングの被
 害に遭いやすい鍵ですので、注意が必要です。


                
                 ※ 被害に遭いやすいインテグラロックの写真です。
                     あなたの家やマンションは大丈夫ですか?

6 風呂場、便所、裏手(道路から見えにくい窓)になる窓には格子などを付ける
  窓に格子などを設けて泥棒の侵入を困難にさせる他、既製のガラスに防犯フィルムを貼るか、防犯
 ガラスに替えると侵入が困難になります。

7 数日留守をするときには、新聞や牛乳を近所の人に取り込んでもらう
  泥棒に留守であることをわからせないようにするためです。

8 玄関や窓に防犯ベルなどを取り付ける
   
玄関を開けるとチャイムが鳴ったり、窓を割ると大音量の警報が鳴るなどの装置を付けることに
 より、泥棒を追い散らすことができます。


9 空き巣のひとり言
  空き巣の立場から見た、泥棒に入りやすい家とは・・・?
  防犯対策の参考としてご覧ください。
                  こちらをクリックしてください。

                                   


泥棒から家を守るための対策はこちら⇒ 

1 犯罪発生マップ
  空き巣、忍込み、住居侵入などの犯罪発生状況を地図上で見ることができます。あなたのお住まいや
 事業所の付近ではどのような犯罪が何件程発生しているのかを、視覚的にご覧になれます。
  詳しくは、下記の「犯罪発生マップ」をクリックしてください。
犯罪発生マップ

  泥棒から家を守るための対策はこちら⇒