令和元年度「ふくい健幸美食」認証メニューの紹介

最終更新日 2019年11月28日ページID 024201

印刷

ロゴ

「ふくい健幸美食」プロジェクト

 福井県は平均寿命、健康寿命ともに全国トップクラスです。
 健康に長生きするためには、バランスのよい食生活と適度な運動による適正な体重の維持が重要ですが、働き世代では、運動不足や野菜摂取量の不足、食塩摂取量の過多などの問題、若い女性や高齢者では、やせすぎや栄養不足などの問題がみられます。
   そこで、県では、県内の飲食店や弁当店、スーパーマーケット、直売所、社員食堂、配食事業者と協力して「ふくい健幸美食」を提供するお店の拡大を進め、外食や中食(調理されたものを持ち帰り家で食べること)、配食を利用する方が、健康に配慮した食事ができる環境づくりを目指しています。

 「ふくい健幸美食」は、塩分控えめで野菜たっぷりの定食・弁当・惣菜、衣の薄い揚げ物などの他、たんぱく質やカルシウムなど不足しがちな栄養素に配慮したお弁当など、福井県独自の基準を満たすヘルシーメニューです。

       「ふくい健幸美食」認証条件  <こちら>PDF形式440KB

     福井県の健康・食生活の現状は <こちら>PDF形式419KB

       「ふくい健幸美食」の趣旨は  <こちら>PDF形式395KB

       バランスのよい食事って?   <こちら>PDF形式365KB

       あなたの栄養 足りていますか?  <こちら>PDF形式770KB

 

 

「ふくい健幸美食」認証メニューをご紹介!

 令和元年度に県内の飲食店、弁当店、惣菜店、配食店、社員食堂・学生食堂から自慢のヘルシーメニューを募集し、県が認証したメニューをご紹介します!

   認証メニュー・提供店舗一覧 <飲食店・惣菜店> 

                                                <配食店> 

                <社員食堂・学生食堂> 

   メニューガイド2019 <こちら> 

             p4~9  飲食店のページは <こちら>

             p10~12  惣菜店のページは <こちら>

                                       p15~16  配食店のページは <こちら>

             p17~18  社員食堂のページは <こちら>

   メニューガイド表紙  

      認証数
    ≪飲食店惣菜店≫    定食・弁当・惣菜:190メニュー(165店舗) 
    ≪配食店≫      弁当など:15メニュー(24店舗)

    ≪社員食堂≫     社員食堂・学生食堂:52メニュー(31事業所)

 ロゴ基本形 目印は 『ポスター』(PDF1,091KB)『のぼり旗』(PDF106KB)                 
                 『三角POP』(PDF1,991KB)です!
 

                          ↑↑クリック↑↑

  

令和元年度「ふくい健幸美食」の募集は終了しました 

     募集要項、申請書等の様式は <こちら> 

     問い合わせ先 お近くの県健康福祉センター(ふくい健幸美食担当者)までご連絡ください

機関名

所在地

電話番号

福井健康福祉センター

〒918-8540
福井市西木田2-8-8

0776-36-1116

坂井健康福祉センター

〒919-0632
あわら市春宮2-21-17

0776-73-0600

奥越健康福祉センター

〒912-0084
大野市天神町1-1

0779-66-2076

丹南健康福祉センター(鯖江)

〒916-0022
鯖江市水落町1-2-25

0778-51-0034

丹南健康福祉センター(武生)

〒915-0841
越前市文京2-13-39

0778-22-4135

二州健康福祉センター

〒914-0057
敦賀市開町6-5

0770-22-3747

若狭健康福祉センター

〒917-0073
小浜市四谷町3-10

0770-52-1300 

「ふくい健幸美食」家庭版レシピは こちら

 

「ふくい健幸美食」モデルメニューの紹介

 「ふくい健幸美食」は、特に働き世代の生活習慣病やメタボ予防に向けた、低塩分で野菜たっぷりのバランスのとれたメニューです。

 しかし、近年、県内では高齢者や若い女性のやせ等、栄養不足が原因と考えられる健康課題もみられており、栄養に関わる問題は多様な状況です。2016年の県民健康・栄養調査では、20歳代と70歳以上の女性のおよそ5人に1人がやせているという結果でした。

 そこで、栄養のとり過ぎだけでなく、不足の問題にも対応するため、 「主食・主菜・副菜がそろっている」ことに加え、たんぱく質や鉄分、カルシウム、食物繊維などの不足しやすい栄養素が、一日に必要な量の1/3以上をとれるよう工夫したモデルメニューを提案します。

 キーワードは、

   まごわやさしいよ

 

 ぜひ、お店やご家庭のメニューの参考にしてください!

  モデルメニューは こちら(全体版)

  (1) すこやかメニュー        (2) 健康はつらつメニュー

  (3) 元気でいきいきメニュー     (4) 市販品を活用してみよう(揚げだし豆腐)

  (5) 市販品を活用してみよう(赤飯) (6) 市販品を活用してみよう(ピザ)

  (7) 市販品を活用してみよう(お好み焼き)

   グラフ1           グラフ2(2016年県民健康・栄養調査より)

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kenko-seisaku@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康政策課

電話番号:0776-20-0697ファックス:0776-20-0643メール:kenko-seisaku@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)