豚コレラの発生により損失を受けた農業者向け資金について

最終更新日 2019年12月21日ページID 041830

印刷

豚コレラの発生に伴い損失を受けた農業者の資金融通を支援します

 豚コレラの発生に伴い、家畜の殺処分や家畜等の移動、搬出制限により損失を受けた農業者を支援するため、資金の貸付や利子・保証料補給を行います。

 

豚コレラ緊急対策資金(つなぎ資金) ※申込受付は終了しました。

 豚コレラ発生により損失を受けた農業者を対象に、家畜伝染病予防法による手当金、交付金の交付を受けるまでの間のつなぎ資金の貸付を行います。この資金の貸付にかかる利子および福井県農業信用基金協会の保証に係る保証料は、県が全額負担します。

 1 貸付対象者
    豚コレラの発生に伴い、家畜の殺処分や家畜等の移動、搬出制限により損失を受けた農業者で、
   家畜伝染病予防法による手当金、交付金を受給する見込みの農業者

 2 資金使途
    家畜伝染病予防法による手当金、交付金の交付を受けるまでのつなぎ資金

 3 貸付限度額
    手当金、交付金の受給見込み額

 4 貸付金利
    無利子

 5 保証料
    福井県農業信用基金協会の保証を受ける場合、免除

 6 申請窓口
    県と利子補給契約を締結したJA、金融機関

 7 受付期間
    令和元年8月27日(火)~令和元年12月20日(金)

 8 問合せ先
    申請窓口、最寄りの農林総合事務所農業経営支援部、市町農政担当課

 ※豚コレラ緊急対策資金の詳細はこちら(PDF:153KB)をご覧ください。

 家畜疾病経営維持資金利子等補給事業

 豚コレラ発生により損失を受けた農業者が、経営の再開や経営の維持・継続に要する資金として(公社)中央畜産会の「家畜疾病経営維持資金」を借り受ける場合に、この資金にかかる利子および福井県農業信用基金協会の保証に係る保証料を県が全額負担します。

 1 貸付対象者

 (1)経営再開資金

    家畜伝染病予防法に基づく家畜等の処分により経営の停止または深刻な影響を受けた農業者

 (2)経営継続資金

    家畜伝染病予防法に基づく対象地域内の家畜および畜産物の移動制限等により経営継続が困難
   となった農業者

 (3)経営維持資金

    豚コレラの発生による畜産物の価格低下、出荷減少等に伴い、経営維持が困難になった農業者

 2 資金使途
   畜産経営の再開、継続または維持に必要な直接的営農経費(既住負債の借換えを除く。)

   (例)肥飼料費、家畜購入費、畜産経営に要する器具・消耗品購入費、雇用労働費

 3 貸付限度額
  (1)経営再開資金

     個人経営・・・2,000万円

     法人経営・・・8,000万円

  (2)経営継続資金、経営維持資金

     肥育豚・・・1頭当たり13,000円

     繁殖豚・・・1頭当たり26,000円

 4 貸付金利
    無利子

 5 保証料
    福井県農業信用基金協会の保証を受ける場合、免除

 6 申請窓口
    県と利子補給契約を締結したJA、金融機関

 7 受付期間
    令和元年9月25日(火)~令和2年2月28日(金)

 8 問合せ先
    申請窓口、最寄りの農林総合事務所農業経営支援部、市町農政担当課

 ※家畜疾病経営維持資金利子等補給事業の詳細はこちら(PDF:179KB)をご覧ください。

関連記事

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、engei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

園芸振興課

電話番号:0776-20-0427ファックス:0776-20-0650メール:engei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)