議長あいさつ

最終更新日 2020年1月1日ページID 042301

印刷

田中宏典議長

福井県議会議長
田中宏典

 福井県議会のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
 新しい時代「令和」の幕明けとともに、第19次民主議会がスタートしました。このたび、第101代福井県議会議長に選任されました田中宏典でございます。

 本県におきましては、昨年、「平成」最後となる国民体育大会と全国障害者スポーツ大会が開催され、国体は天皇杯・皇后杯、障スポは過去最多となる130個のメダルを獲得するという快挙を成し遂げました。

 人口77万人あまりの本県が国体・障スポで成功を収めたことは、強い意欲と信念があれば、どんなに大きな目標であっても達成できるという、自信と希望を私たち県民に与えてくれました。ふるさと福井の更なる飛躍・発展には、国体・障スポで培った成果と経験をさまざまな施策に活かしていくことが重要であり、県議会としても全力を挙げて取り組んでまいる所存です。

 県議会の役割は、県政の最終意思決定機関として、県民の皆様の声が県政に反映されるよう、執行機関の施策について十分審議し、真摯に議論を重ねながら、積極的な政策提言を行っていくことであります。

 このため、県政の方向性を左右する重要な個別計画の議決対象への追加、議会活動を補佐する「議会事務局」の体制強化を目的とした「議会局」への改称など、議会機能の更なる強化に努めてまいります。

 このホームページでは、県議会のしくみや役割をわかりやすく紹介するとともに、議会の日程や活動状況、審議内容などの情報を随時お知らせしております。

 皆様が、福井県議会に対する理解と関心を深められ、県議会をより一層身近に感じていただければ幸いです。

令和元年5月16日
福井県議会議長 田中 宏典(たなか ひろみち)