エコバッグを清潔に保つための5つのポイント

最終更新日 2020年7月13日ページID 044596

印刷

エコバッグを清潔に保つ5つのポイント

 
 エコバッグは食品を入れることが多いので、意外と汚れています。野菜に付いていた土や食品の汁などがエコバッグに付着したり、残ったりすると、においの原因となります。見た目には汚れていなくても、湿ったままにしておくと細菌が繁殖します。

 
 エコバッグを衛生的に使うために、普段から意識したい5つのポイントを紹介します。

 

その1 定期的に洗いましょう

・エコバッグの取扱い表示などに従い、洗濯機か手洗いで洗いましょう。

・洗った後はしっかり乾かしましょう。

 

その2 肉、魚、野菜はポリ袋に入れましょう

・肉や魚の汁、野菜の土がエコバッグや他の食材に付着しないようポリ袋に入れましょう。

・使用したポリ袋は再利用せず、適切に捨てましょう。

 

その3 エコバッグに入れる順番に気を付けましょう 

・肉、魚、冷凍食品などはまとめて入れ、温かいものと密着しないように入れましょう。

・硬いものや重たいものを下に入れると荷物が安定し、食品の汁がこぼれにくくなります。

・底が平らなエコバッグも荷物が安定します。

 

その4 食品と日用品を入れるエコバッグを区別しましょう

・食品を入れるバッグと日用品などを入れるバッグは、使い分けると衛生的に使用できます。

 

その5 エコバッグの持ち運びは短時間にしましょう

・肉、魚、冷凍食品などが入ったエコバッグを持ち運ぶ際には、短時間で家に戻り直ちに冷蔵庫
 に入れましょう。

・車で運ぶ場合には、涼しく衛生的な場所に置き、トランクに置くのを避けましょう。

 


  以上のポイントに注意し、清潔なエコバッグで買い物を楽しみましょう!

 

 県では、環境対策の一つとして、レジ袋を削減するため買い物袋(マイバッグ)持参運動を、展開しています。

 県民の皆さんも、ぜひ買い物袋(マイバッグ)持参運動に積極的に参加しましょう!

 

 

  農林水産省ホームページ「賢く楽しくお買い物!~エコバッグでも食中毒予防~ 」

   www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/ecobag.html


アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、junkan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

循環社会推進課資源循環グループ

電話番号:0776-20-0317 ファックス:0776-20-0679メール:junkan@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)