カラオケを伴う飲食店の事業者の皆さまへ(休業要請に係る協力金と感染防止対策について)

最終更新日 2020年9月4日ページID 045030

印刷


1.協力金の概要

(1)趣旨

新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、カラオケを伴う飲食店を経営する事業者(以下「事業者」といいます。)の皆様に昼間(6時~18時)の休業へのご協力をお願いいたしました。

この依頼に応じて、休業要請に協力いただける事業者の皆様に対して、「クラスター防止協力金(カラオケを伴う飲食店)、以下「協力金」といいます。)を支給いたします。

申請にあたっては、こちらの申請要領を必ずご確認ください。

(2)支給額 
  1日につき1万円
  ※1週間以上連続して休業する場合は5万円を加算

(3)支給対象施設

   福井・丹南地区(福井市、永平寺町、鯖江市、越前市、池田町、南越前町、越前町)のカラオケを伴う飲食店


2.申請期間

 令和2年9月4日(金)~令和2年10月2日(金)

3.申請書類

(1)申請書類一覧  
 
申請書チェックリスト(様式2)で規定する申請書類を提出してください。
  (申請書チェックリストも必ず提出してください。)

 ●
クラスター防止協力金申請書(様式1
 ●申請書チェックリスト(様式2
 ●休業要請日(8月28日)以前から営業活動を行っていることがわかる書類
     (1)営業活動を行っていたことがわかる書類(写しで可)
    
(2)飲食店の営業に必要な許可等を全て取得していることがわかる書類(写しで可)
             (3)本人確認書類(写しで可)※個人事業主のみ

    休業等の状況がわかる書類(写しで可)

    (1)休業している旨のお知らせ
     (2)店内に設置のカラオケ機器の写真 
  ●
振込先の銀行名、支店名、口座およびカタカナの口座名義が印字された通帳等の「表紙裏見開きページ」の写し

【様式1】クラスター防止協力金申請書
【様式2】申請書チェックリスト
【参考】ゆうちょ銀行の口座番号等について
【よくあるご質問はこちら】
   

(2)支給の決定
       申請書類を受理した後、その内容を審査の上、適正と認められるときは協力金を支給します。
  協力金の支給時期については、申請書類の審査後、速やかに行います。

 

4.その他(感染防止対策等)

(1)協力金支給の決定後、申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合は、協力金の支給決定を取り消し、期限を定めて返金を指示します。この場合、申請者は、協力金を返金するとともに、返還日までの延滞金を支払うことになります。

(2)営業再開にあたり、業界団体が策定した感染拡大予防ガイドライン(指針)、県が示す感染拡大を防止するためのチェックリストなどに基づき、さらなる感染防止対策を行う場合には、9月補正予算において、係る経費の支援を検討しています。(一部自己負担あり)
支援制度の開始が決定しましたら、新聞やホームページ等で広報しますので、ご活用ください。

  ※  新型コロナウイルス感染拡大防止対策ガイドラインについて(県HP)

       ※  新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト【カラオケを伴う飲食店】(word形式)(PDF形式)

(3)提出した申請書の内容を変更する場合は、必ず事前に以下の連絡先に連絡してください。

  ※ お問い合わせ先
          福井県クラスター防止相談センター
        (電  話)0776-20-0799、(F A X)0776-20ー0726
        (受付時間)午前9時から午後5時まで(土日、祝祭日を除く。)