感染防止に向けてお願いしている事

最終更新日 2021年7月22日ページID 047018

印刷

マスク会食
「おはなしはマスク」の徹底

 ・会話の際は必ずマスクを着用しましょう。
 
・県外から来県した方や、県外と往来した方、体調不調の方がいる場合は、家庭内でも全員がマスク
  着用を。
 
・飲食時は「マスク会食」を実践。まずは家庭で練習を。
 
・バーベキューやスポーツ活動など、屋外活動でも会話時はマスク着用を。
 ・周りに人がいないときや会話しないときはマスクを外すなどメリハリをつけて熱中症を予防

県をまたぐ移動は慎重に判断

 ・帰省を含め、緊急事態宣言対象地域・まん延防止等重点措置実施地域との往来は控える
 ・その他の地域との往来は、感染状況を十分把握し、慎重に判断
  往来する場合は、訪問先を最小限にし、会話時のマスク、手指の消毒等、感染対策を徹底
 

迷わずに医療機関に相談

 ・毎日の検温など体調管理を徹底し、体調不良の場合は外出をしないようお願い
  します。
 
・発熱等の症状がある場合は、かかりつけ医または受診・相談センターに電話で
  相談を。


会食は「マスク会食」を徹底・4人以下で
 ・同居家族以外との会食は、場所に関わらず4人以下で
 ・お店選びは「マスク会食推進店」(シール・のぼりが目印)を利用
 ★県では、「感染防止徹底宣言」ステッカーに登録している飲食店「マスク会食推進店」と位置づけ、
  マスク会食の普及・啓発にご協力をお願いしています。 →→→ステッカー登録店一覧はこちら
 ・飲食店は、利用者に対し、積極的にマスク会食の呼び掛けを
  屋外で行うバーベキューにおいても、会話時のマスク着用を徹底

参考 静かなマスク会食

職場内の感染対策を徹底
 
昼食時、休憩時を含めてマスク着用を改めて徹底
 ・
体調不良の場合は、出社せずに医療機関に相談、
  会社は気兼ねなく休める職場づくりを
 ・
テレワークの推進 、ワクチン接種を受けやすい環境の整備 
 ・職員間の距離確保、定期的な換気、仕切りなどの工夫
 ・休憩所・更衣室などにおけるマスクを外した場面では会話しない
 ・出張は、オンラインへの変更を検討

保健所の調査に協力
 ・周囲の人の健康を守るため、感染した場合は、保健所が行う体調変化や行動履歴の
  調査に協力

(参考)これまでの対応等に関する検証

県内第3期の振り返りと今後の方向性はこちら リンクアイコン
新型コロナウイルス感染症患者の退院後のフォローアップ調査結果(第2波)リンクアイコン
県内第2期の振り返りはこちら(令和2年11月18日対策本部会議資料)リンクアイコン
県内第1期の振り返りと今後の対応はこちら(令和2年7月30日対策本部会議資料)リンクアイコン