社会福祉施設感染症対策チーム(介護)の設置

最終更新日 2022年6月1日ページID 047304

印刷

 福祉施設において、新型コロナウイルス感染症が発生した場合、迅速な感染対策だけでなく、施設の運営面で多発する課題に対応して、クラスター仕様として施設機能を維持していくことが必要です。

 そのため、福井県では、本県独自に福祉施設等職員による「社会福祉施設感染症対策チーム」を設置しています。


 

新たなチーム員の皆様に委嘱状を交付しました

 令和4年6月1日付で、新たな社会福祉施設感染症対策チーム員の皆様に委嘱状を交付しました。各チーム員の皆様には、本チームに御参加いただき、心より感謝申し上げます。また、皆様の御参加に御理解いただきました施設の方々に対しても感謝申し上げます。
 ・
社会福祉施設感染症対策チーム参加施設一覧(令和4年6月1日現在)

 なお、県では、引き続き、チーム員候補者を随時募集しております。詳細については、下記をご参照ください。

 

1.チーム員候補者の募集

 この度、チーム員候補者を募集しますので、本制度の趣旨にご賛同いただける場合は、下記のとおり登録票のご提出をお願いいたします。

〇登録方法
 看護職・介護職・その他事務の職種別に募集します。
 職種別の登録票を下記担当あてメールまたはFAXで提出してください。
  ・看護職・・・登録票A

  ・介護職・・・登録票B

  ・その他事務・・・登録票C

〇登録期限
 随時募集受付中

〇募集対象サービス
 入所系・高齢者施設(軽費・養護・有料・サ高住含む)、訪問系サービス、通所系サービスの全ての介護サービス等職員を対象に募集します。

〇提出先
 福井県健康福祉部長寿福祉課介護サービスグループあて
 FAX:0776-20-0642
 MAIL:hokaisei@pref.fukui.lg.jp


 

2.チームの活動

平時:感染症発生時を想定した感染制御や施設運営に関する研修等を県で実施し、感染対応および施設のマネジメントに長けた人材を育成します。

感染症発生時:感染症が発生した施設に迅速に派遣し、施設の感染制御や施設機能の維持支援を行い、クラスター発生時の初動時に施設を支援します。


 

3.活動場所

新型コロナウイルス感染症発生施設

 

4.チームの構成

目安として、看護・介護・その他事務の職種別に3~5名程度、1チーム全体で13名程度で構成します。
なお、発生施設における感染状況を踏まえ、構成を変更する場合があります。


 

5.チーム員の養成

チーム員に対しては、県で研修を実施し、チーム員を養成していきます。

(1)養成研修
 感染症の内容や症状、リスク、標準的な予防策など感染症や標準予防策について知識を習得するための研修

(2)ステップアップ研修
 防護服の着脱や食事、排せつケアなど介護を行う際に、感染対策の観点から気を付けることを実技を通じて学ぶ研修

(3)施設マネジメント研修
 過去の事例を通じて、クラスター発生施設において、施設機能を維持していくためにどのようなことが必要かを学ぶ研修

(4)メンタルケア研修
 発生施設において、職員のメンタルを維持していくための注意事項やアプローチを学ぶ研修


 

6.関係資料

・【概要版】社会福祉施設感染症対策チーム(介護)について
・社会福祉施設感染症対策チーム(介護)について

 

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、choju@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

長寿福祉課介護サービスグループ

電話番号:0776-20-0332 ファックス:0776-20-0642メール:choju@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)