令和元年度 ウィンターチャレンジ

最終更新日 2019年12月26日ページID 042794

印刷

冬のチャレンジin三方2019! 仲間とともに夢を語り、冬を楽しむ!

 今年度も三方会場のウィンターチャレンジが始まります!

 今年は、『ゆめ先生企画』に、トリノ・バンクーバーのオリンピック2大会でボブスレー競技に出場された桧野真奈美さんをお迎えし、夢を持つことの大切さ、すばらしさについてお話をしていただきます。また、餅つき体験や年稿博物館の見学もあり、体験と同時に歴史にもふれる内容になっています。この2泊3日の活動を進めていく中で、何か次の自分に生かせるものを見つけてくれればいいなと思っています。

(平成30年度の様子はこちらから)

≪活動の様子≫ 1日目:12月26日(木)

 開講式では、各班ごとに並び、ウィンターチャレンジの概要についてのお話がありました。
「自分のことは自分でする」「思いやりを持って行動する」「夢を持ち、語り、歴史から学ぶ」ことをめあてに、三方会場ではウィンターチャレンジを進めていきます。まずはアイスブレーキング。初めて会った人もいる中で、ゲームを通して自分のことを話したり相手のことを聞いたりしながら、みんなの距離が徐々に縮まっていくのを感じました。そして1時間ほど経つと、もう自分の殻を脱いで、気兼ねなく話せる雰囲気が。その様子を見ておられた『ゆめ先生』の桧野真奈美さんも、「とてもいい雰囲気!このまま3日間を仲間を思いやりながら過ごしてね」と言ってくださいました。
開講式 アイスブレーキング1 アイスブレーキング2
 みんなの気持ちがほぐれたあとは、『ゆめ先生』企画 桧野真奈美さんによるお話を聞き、自分自身の『夢』について考えました。
桧野さんは、元冬季トリノオリンピック、バンクーバーオリンピックの女子ボブスレー2人乗りの日本代表選手です。このような素晴らしい経緯に至るまでには様々な出来事があり、自分自身で考え行動を起こしてこられました。その中には本当につらいことや思わぬ事態に巡り合ったことが多々あり、そのたびに自分を見つめ『夢』を持ち続けておられます。今も2020年東京オリンピックや2030年冬季札幌オリンピック招致に向けて奔走されています。そのような方だからこそ、自分自身の経験から語られる「あきらめないこと」「にげないでやってみること」「思いやりを持つこと」が『夢』に近づく上で大切だと教えてくださいました。本当に貴重なお話で、有意義な時間でした。(お話のあとに、本物のレーシングスーツやシューズ、ヘルメットを触らせていただきました。)
お話2 お話1 お話3
そのあとは、夕食を食べ、就寝準備です。お話を聞くばかりではなく、合間にも自由な時間でたくさん動き回りました。
明日はスケート!ぐっすり寝て体調万全で楽しもう!
部屋1 部屋2 部屋3

部屋5 部屋6 部屋4
 
 

≪活動の様子≫ 2日目:12月27日(金)

  今日は「ニューサンピア敦賀」に行き、アイススケートに挑戦しました。午前中は、桧野さんから滑り方のコツをしっかりと教えていただき、午後からは各自のペースで練習をしました。これまでスケートを経験したことがある子どもたちは、より上手に滑ることができるようになりました。そして、今日初めてスケートに挑戦する子どもたちも、一人で滑れるようになりました。丸一日スケートということでハードだったと思うのですが、全員最後まで元気いっぱい、スケートを楽しむことができました!桧野さんとのお別れ前のお話の中で、みんなのスケートがとても上手になったことをほめてくださり、「あきらめないこと」の重要性を再度伝えてくださいました。これからも失敗を恐れず、色々なことに挑戦してほしいです!

靴を履く スケート1 スケート2

スケート3 スケート5 スケート10

スケート11 スケート12集合1

 夜は「みはま餅っこ隊」と一緒に餅つき体験をしました。餅つきだけでなく、演奏や歌があったり、けん玉ショーがあったり、質問コーナーがあったりととても盛り上がった時間となりました。質問の中には、餅っこ隊の方が困るくらいの鋭い質問もありました。みんなでついたつきたてのお餅は、柔らかくとても美味しかったです。おかわり分のお餅が、あっという間になくなってしまうほどでした。最後に餅っこ隊の方が言われていたように、食への感謝を忘れないよう心がけていきたいです。

もち1 もち2 もち3

もち4 もち7 もち6

もち5 もち8

 2日目が終わりました。朝から夜まで色々な挑戦があったのですが、子ども達の笑顔が絶えない2日目でした。明日の最終日も、このまま元気に活動できると思います!(「ニューサンピア敦賀」出発前の集合写真です。)

集合2

≪活動の様子≫ 3日目:12月28日(土)

 ウィンターチャレンジ最終日となりました。班の仲間とのコミュニケーションや班ごとの行動などがとてもスムーズになりました。まずは、「年縞博物館」へ行き、年縞について学びました。すごく真剣な表情で説明を聞いたり、博物館の方に色々な質問をしたりしている様子が見られました。

ねんこう1 ねんこう2

 見学後は三方青年の家に戻り、「YOSAKOI」に挑戦しました。小浜市のヨサコイチーム「若狭鳴子連 希来里」の皆様が来てくださり、演武や踊り方の説明をしてくださいました。最初はかたい雰囲気の子ども達でしたが、希来里の皆様と一緒に踊っていくうちに動きに勢いが出てきました。最後には、汗をかきながら笑顔でYOSAKOIを踊ったり、曲に合わせて大きな旗を振らせてもらったりと、いきいきとした様子が見られました。

よさこい1 よさこい2 よさこい3

よさこい5  よさこい7

よさこい 集合   よさこい3

 色々な体験に挑戦してきた3日間。子ども達は、何かこれから生かせるものを、しっかりと見つけてくれたのではないかと思います。三方青年の家の活動にまた参加していただき、より成長した子ども達に会えることを楽しみにしています!

 

地図

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開き、福井県のサイトを離れます)

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、m-seinen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

三方青年の家

電話番号:0770-45-0229ファックス:0770-45-0237メール:m-seinen@pref.fukui.lg.jp

〒919-1331 若狭町鳥浜122-27-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)