令和元年度若者に対する悪質商法被害防止共同キャンペーン

最終更新日 2020年1月22日ページID 040379

印刷

【目的】
 消費者契約トラブルは年々複雑化・多様化してきており、社会経験が浅く、契約や交渉に不慣れな若者はトラブルに遭いやすいことから、被害が後を絶ちません。
 特に令和4年4月からは成年年齢が18歳に引き下げられるため、若者への注意喚起が重要となっています。
 そこで、1月から3月にかけて、高校卒業予定者・新成人・新社会人等の若者を対象にして、みだしのキャンペーンを関係機関が共同して実施し、若者の被害を未然に防止します。
 
【期間】
 令和2年1月~3月
 
【実施機関】
 福井県、福井県警察本部、県内全市町(消費者相談窓口担当課)、福井弁護士会、福井県司法書士会

【主な事業内容】
(1)県下一斉街頭啓発
  ・令和2年2月13日・14日を中心に県および県内各市・関係団体が街頭啓発を実施

(2)若者相談の受付
  ・若者トラブル110番として実施期間が電話やメールで相談を受付


(3)啓発リーフレットの配布
  ・各市町の成人式会場等で新成人にリーフレットを配布
  ・県内全高等学校の卒業予定者全員にリーフレットを配布
  ・県内各大学・短期大学・専修学校・各種学校でリーフレットを配布

(4)講演会・出前講座の開催
  ・弁護士や消費生活相談員による講演会、出前講座を開催

(5) 広報による啓発
  ・ラジオや新聞、メールマガジン等で若者向けにトラブル情報を発信
  ・大学や公共施設で啓発パネルを展示

詳しい日程や若者相談の電話番号等は こちら をご覧ください。
令和元年度 若者に対する悪質商法被害防止共同キャンペーン取組内容(PDF形式:159KB)

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、までメールでお送りください。

お問い合わせ先

消費生活センター

電話番号:0776-22-1102ファックス:0776-22-8190

〒910-0858 福井市手寄1丁目4-1AOSSA7階(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)