受動喫煙の防止について

最終更新日 2019年8月23日ページID 003748

印刷

受動喫煙とは

 「室内またはこれに準ずる環境において、たばこを吸わない人が、他人のたばこの煙を吸わされること」と定義されています。

 喫煙による煙に含まれる有害物質は、喫煙者が肺に直接吸い込む「主流煙」よりも、吸っていないときに立ち昇る「副流煙」に多く含まれています。

 

受動喫煙防止のために

 喫煙が、あらゆるがんや脳卒中、心筋梗塞などの病気を引き起こすことは広く知られていますが、たばこを吸わない人の受動喫煙についてもほんのわずかであっても、病気のリスクが急激に増加することが明らかになっています。また、受動喫煙による死亡者が年間1万5,000人にのぼることが分かっています。(厚生労働省 喫煙の健康影響に関する検討会編「喫煙と健康」から)

  

健康増進法の一部を改正する法律の公布について(2018年7月25日)

■「健康増進法の一部を改正する法律」が公布されました。

 望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の者が利用する施設等の区分に応じ、当該施設等の一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、当該施設等の管理について権原を有する者が講ずべき措置等について定められました。

 

 改正法における3つの基本的な考え方(改正の趣旨)
  (1)「望まない受動喫煙」をなくす
  (2)受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮
  (3)施設の類型・場所ごとに対策を実施

 

 概要

  (1)学校、病院、児童福祉施設等、行政機関は、「敷地内禁煙」

      ※屋外で受動喫煙を防止するために必要な措置がとられた場所に喫煙場所を設置することができる。

  (2)その他の施設は、「原則、屋内禁煙」

      ※屋内に喫煙専用室を設置することができる。

      ※個人の自宅やホテル等の客室など,人の居住の用に供する場所は適用除外

      ※喫煙目的施設は、施設内で喫煙可能(喫煙を主目的とするバーやスナック,公衆喫煙所等)

  (3)喫煙をすることができる場所については、標識の掲示が必要。また、20歳未満の者を立ち入らせてはならない。

  (4)悪質な義務違反者には、罰則が適用されます。

 

 詳細については、以下のファイルでご確認ください。

 

■健康増進法の一部を改正する法律(2018年7月25日)

  【通達】健康増進法の一部を改正する法律の公布について(健発0725第1号)

  

■関係政省令・告示(2019年2月22日)

  【通達】健康増進法の一部を改正する法律の施行について(受動喫煙対策)(平成31年2月22日健発0222第1号)(pdf形式 371 KB)

  【参考】モデル標識 (pdf形式 229 KB)

   

■健康増進法の一部を改正する法律の施行に関するQ&A(2019年4月26日、6月28日改正) 

 【参考】 たばこ煙の流出防止措置の効果を確認するための測定方法の例

 【参考】 脱煙機能付き喫煙ブースの効果を確認するための測定方法の例

 

 

※概要・通知等については、厚生労働省のホームページ(下記外部リンク)をご覧ください。

 

「健康増進法の一部を改正する法律」の一部の規定の施行について(受動喫煙対策)(平成31年1月24日)

 望まない受動喫煙の防止を図るための必要な措置等について定めた「健康増進法の一部を改正する法律」の一部の規定が、平成31年(2019年)1月24日より施行され、国及び地方公共団体の責務、関係者の協力に関する事項の他、喫煙をする際の配慮義務、喫煙場所を設置する際の配慮義務に関する事項が設けられました。

 その他、平成31年2月22日に「改正健康増進法の政省令」、平成31年4月26日には、「改正健康増進法の施行に関するQ&A」が公布され、下記のとおり厚生労働省ホームページに掲載されましたので、十分にご留意いただき望まない受動喫煙の防止にご協力ください。

 

喫煙をする際の配慮義務(第25条の3第1項関係)

 喫煙をする者は、喫煙をする際は望まない受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮しなければならない。

(配慮義務の具体例)
・できるだけ周囲に人がいない場所で喫煙をするよう配慮すること
・子どもや患者等特に配慮が必要な人が集まる場所や近くにいる場所等では特に喫煙を控えること 等

 

喫煙場所を設置する際の配慮義務に関する事項(第25条の3第2項関係)

 多数の者が利用する施設を管理する者は、喫煙場所を定めようとするときは、望まない受動喫煙を生じさせることがない場所とするよう配慮しなければならない。

(配慮義務の具体例)
・喫煙場所を設ける場合には施設の出入口付近や利用者が多く集まるような場所には設置しないこと
・喫煙室を設ける場合にはたばこの煙の排出先について当該喫煙場所の周辺の通行量や周辺の状況を勘案して受動喫煙が生じない場所とすること等の措  

 置を講じること 等

 

  詳細については、以下のファイルでご確認ください。  

  【通達】健康増進法の一部を改正する法律の一部の施行について(平成31年1月22日健発0122第1号) (pdf形式 129 KB)

  

 

労働者の受動喫煙防止のため、「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」が示されました。

 職場における受動喫煙防止対策を一層推進するため、「労働安全衛生法」第68条の2等における受動喫煙防止対策に今回の改正健康増進法で規定された事項を含め、事業者が実施すべき事項を一体的に示した「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」が示されました。

 喫煙専用室の基準を満たすための効果的な手法等や喫煙専用室の清掃や従業員募集の際の配慮等について記載されていますので、事業所の受動喫煙防止対策を進める際の参考としてください。

 なお、ガイドラインについてご不明な点は、福井労働局(0776-22-0221)にお問い合わせください。  

 

  「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」(令和元年7月1日通知)

  厚生労働省 「労働安全衛生法」改正に関する情報ページ

 

健康増進法の一部を改正する法律の施行に伴う職場の受動喫煙に関する説明会を開催します!

  今回、改正健康増進法の全面施行(令和2年4月1日)に伴い、施設管理者等が講じるべき環境整備等の責務について、具体的な制度も含めて紹介し、適切に対策を講じることができるよう説明会を開催します。

 県内4か所で開催しますので、御都合のよい会場に、ぜひご参加ください。

 各会場、定員100名としておりますので、別添案内ちらし裏面の申込書にて、お早めにお申し込みください。

 

【日・場所】

(1)   11月13日(水)勝山市福祉健康センターすこやか 大ホール

(2)   11月18日(月)きらめきみなと館 小ホール

(3)   11月25日(月)霞の里 多目ホール

(4)   11月27日(水)アイアイ鯖江 多目的ホール

 

【時 間】

 14:00~16:30

【対 象】

 第2種施設の管理者  各会場定員100名

【内 容】

 〇14:00~15:10 (質疑応答含む)

  基調講演 「たばこの煙がおよぼす健康への影響について」

    講師 福井県済生会病院呼吸器外科顧問  小林 弘明先生

 〇15:10~15:40

  「健康増進法の一部を改正する法律(受動喫煙対策)」に基づく施設管理者の責務について

    福井県福祉保健部保健予防課 室田 美幸

 〇15:40~16:20

  「職場における受動喫煙防止に係るガイドライン」および支援制度等について

    福井労働局労働衛生専門官 新田 倫之氏

 〇16:20~16:30

    質疑応答

国の受動喫煙防止対策助成金について

 国は、事業場における受動喫煙防止対策を推進するため、中小企業主による受動喫煙防止のための施設整備に対し助成を行っています。 
 厚生労働省 受動喫煙防止対策助成金に関する情報ページ
  

県の受動喫煙防止対策 

 県では、令和元年7月1日から、本庁舎および各地域の庁舎も含め、半日敷地内禁煙(8:30~12:00禁煙)を実施しておりますのでご協力をお願いします。

 また、5/31「世界禁煙デー」および10/26「ふくいノースモーキングデー」は、1日敷地内禁煙(8:30~12:00、13:00~17:15禁煙)を実施しています。併せてご協力をお願いします。

 

屋内(車内)全面禁煙および禁煙表示ステッカーの掲示にご協力ください!!

〇県では、屋内全面禁煙にご協力いただける施設を募っています!!

 屋内全面禁煙にご協力いただける施設には、利用者に禁煙の施設かどうかがわかるよう、入口に掲示できる「禁煙表示ステッカー」を無料で提供しています。

 御協力いただける場合は、別添の「禁煙表示ステッカー申込書」にて、ぜひ、お申込をお願いします!!(電話でのお申込も可能です。)

 お申込後、郵送させていただきます。またご協力いただいた施設を、ホームページ等で公表させていただきます。

 【問合せ】福井県健康福祉部がん対策推進グループ

      電話:0776-20-0349

 

 ■■  禁煙のお店  ■■

 

 県内の禁煙のお店一覧(PDF)

 

■県内のタクシーでは、「車内禁煙」の表示がされています!

〇福井県タクシーおよび福井県タクシー協同組合においては、平成20年1月より、受動喫煙防止対策として車内禁煙に取組んでおり、今回、「車内禁煙」であることが一目でわかるよう、ステッカーを掲示していただいています。

 タクシー業者の皆様との取組みが、受動喫煙防止だけでなく、喫煙者に禁煙を呼び掛けるものになり、禁煙につながることも期待しています。

 3   5

6  1  

 

その他の情報について

「受動喫煙のない社会を目指して」ロゴマークが発表されました!                                   

 厚生労働省が、平成28年11月14日(月)に「受動喫煙のない社会を目指して」ロゴマークを発表いたしました。 本ロゴマークは受動喫煙のない社会を目指すことに賛同する意思表示として、活用いただけるものとなっております。各企業、団体、地方自治体等でも、ウェブサイトや印刷物、職員の名刺に印刷する等により、受動喫煙のない社会を目指す取組への賛同や自らの取組実施の意思表示として使用するなど、このロゴマークを幅広く活用していただくようお願いいたします。なお、使用上の留意点については別紙注意事項及びガイドラインを御参照ください。  

                     

          ロゴマーク

●「受動喫煙のない社会を目指して」ロゴマークの決定について

●「受動喫煙のない社会を目指して」ロゴマーク使用のガイドライン


(ロゴマークのフリー素材掲載先)
○厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000129415.html
○スマート・ライフ・プロジェクト公式Webサイト
http://www.smartlife.go.jp/
【照会先】
厚生労働省健康局健康課  TEL:03-5253-1111(内線2346,2971)

●以下のホームページにも受動喫煙防止に関連する情報がありますので、参考にしてください。

厚生労働省 たばこと健康に関する情報ページ
厚生労働省 最新たばこ情報

絵 絵

 

ページのトップに戻る

 

■県でも、たばこの害に関するパンフレット等を作成していますので御活用ください。

 (下記、添付ファイル参照)

  〇簡易版禁煙啓発パンフレット  

  〇喫煙防止・禁煙指導用パンフレット

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、hoken-yobo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

保健予防課がん対策グループ

電話番号:0776-20-0349ファックス:0776-20-0643メール:hoken-yobo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)