森林経営計画の詳細

最終更新日 2008年4月18日ページID 002439

印刷

 森林経営計画(森林施業計画)(以下、森林経営計画という)は、森林所有者等が単独又は共同で自発的に作成する伐採、造林、保育等の森林施業に関する実施計画です。作成する計画は、市町長(対象とする森林の所在地が2以上の市町村にわたる場合は知事)の認定を受けることができ、市町が策定する市町村森林整備計画に適合していることや、森林の区域に応じた森林施業が進められるよう、各区分(ゾーン)で設けられている基準に合致していることが認定要件となります。
 認定された計画に従って施業を行うと、森林整備事業の補助対象となるほか、税制上の優遇措置や、日本政策金融公庫融資などの支援措置を受けることができます。
 なお、平成23年の森林法改正により森林施業計画は、森林経営計画へと名称が変わり林班を単位とする面的な、まとまりを持った計画とすることや、森林作業道の開設計画を記載するなど、施業の集約化の促進に向け制度の内容が大きく変更されました。

 ●施業の実施に係る基準

森林経営計画

 

 「森づくり課」<森を知る>へ戻る

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、mori@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

森づくり課

電話番号:0776-20-0442ファックス:0776-20-0655メール:mori@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)