屋外広告物の規制(福井県屋外広告物条例)について

最終更新日 2016年4月22日ページID 004673

印刷

本文へ目次

※このページでは、「福井県屋外広告物条例」に基づく屋外広告物の規制内容を説明しています。
※大野市の区域において適用される「大野市屋外広告物条例」の規制内容については、大野市役所のホームページ(景観・屋外広告物)をご覧ください。

  1. はじめに
  2. 屋外広告物とは
  3. 屋外広告物の規制内容
  4. 地域の特性に応じた景観形成
  5. 屋外広告物を表示(設置)する者の義務
  6. 屋外広告業の登録制
  7. 条例・様式・手引き等のダウンロード
  8. お問い合わせ先

1.はじめに

 福井県では、「屋外広告物法」に基づく「福井県屋外広告物条例・施行規則」により、表示(設置)を禁止する場所や、表示面積・高さ等の基準を定めています。広告物を表示(設置)しようとする場合には、原則として市長または町長の許可を受けることが必要となります。
 また、大野市の区域においては、景観行政団体である大野市がよりきめ細かく基準等を定めた「大野市屋外広告物条例」が適用されています。

 屋外広告物に関するこうした規制は、

  ・良好な景観の形成・風致の維持 (無秩序に表示(設置)され、良好な景観や風致が損なわれることのないように)

  ・公衆に対する危害の防止 (倒壊・落下事故等が起こることのないように)

を目的として行っているものです。

 みなさんが屋外に広告物を出す前には規制内容をご確認いただき、私たちの福井県を安心して住めるきれいな郷土としていけるよう、一層のご協力をお願いします。

2.屋外広告物とは

 屋外広告物とは、「常時または一定の期間継続して、屋外で公衆に表示されるもの」で、「看板、立看板、はり紙およびはり札ならびに広告塔・広告板、建物その他の工作物等に掲出され、または表示されたものならびにこれらに類するもの」を指します(屋外広告物法第2条)。

※ 内容が営利的なものも、非営利的なものも、どちらも屋外広告物に該当します。
※ 単なる絵画や写真で、営利目的と関係がないものであっても、屋外広告物に該当します。

  具体的には、次のようなものがあります。

  • はり紙、はり札
  • 立看板
  • のぼり
  • 広告幕
  • 広告板、広告塔
  • 電柱広告
  • 広告幕
  • 気球広告
  • 移動広告
  • ぼんぼり・あんどん
  • 建物利用広告物(屋上広告、壁面広告、突出広告)

3.屋外広告物の規制内容

福井県では、条例・施行規則・告示の3つにより屋外広告物の規制を行っています。
  • 福井県屋外広告物条例(屋外広告物法を受け、屋外広告物の基本的なルールや屋外広告業の登録制、罰則等の主要な内容を定めています。)
  • 福井県屋外広告物条例施行規則(条例を受け、許可基準や申請手続、様式等の細かな内容を定めています。)
  • 福井県告示(条例・施行規則を受け、具体的な地域や場所等を公告しています。)

例えば、施行規則ではのぼりに関し、次のような許可基準が定められています。

<のぼり>

  • 表示面の縦の長さ2m以下、横の長さ1m以下
  • 高さ3m以下
  • 相互間距離は、いずれか高い方の高さの2倍以上

 のぼりの例

このような具体的な数値基準や規制地域等については、次の手引きと告示をご覧ください。

【現行】

 

【平成28年10月1日施行 新基準対応】

◎新基準について、詳しく知りたい場合は、次のページをご覧ください。

 ⇒ 福井県屋外広告物条例・施行規則等の改正についてお知らせします

4.地域の特性に応じた景観形成

景観保全型広告物整備地区

 広告物の表示(設置)に当たり、当該地域の景観との調和を図り、良好な景観を保全することが特に必要であると認める地域を、景観保全型広告物整備地区として指定します。

 景観保全型広告物整備地区を指定するときは、当該地区における広告物の表示(設置)に関する基本方針(以下「基本方針」という。)を定めます。

 この地区においては、許可を必要としない広告物を表示等する場合であっても届出をし、基本方針に適合するよう努めなければなりません。

5.屋外広告物を表示(設置)する者の義務

 許可等を受けて屋外広告物を表示(設置)する場合には、次のことを守らなければなりません。
  • 許可を受けたことを表示すること。(証票、押印等)
  • 広告物管理者を設置し、管理者の届出をすること。(管理者に変更があった際には、その旨も届け出ること)
  • 許可期間が満了したとき、または設置の必要が無くなったときは広告物を完全に除却するとともに、除却届出をすること。
  • 許可期間の更新を受けようとする時には、管理者として広告物等の安全点検を行うこと。

6.屋外広告業の登録制

 福井県内で屋外広告物を表示・設置する業者(元請・下請を問わず)は、福井県知事に屋外広告業の登録申請を行い、「知事の登録」を受けなければなりません。

屋外広告業の登録制の概要[PDF形式]  

◎登録の有効期間は、5年間です(5年ごとに登録更新申請を行う必要があります)。 

◎登録申請は、有料です(手数料:10,000円)。
  ・登録更新申請時(5年ごと)に手数料(10,000円)がかかります。

◎屋外広告業を営む場合には、次のいずれかの資格を持つ者を「業務主任者」として営業所ごとに選任しなければなりません。

  1. 屋外広告士
  2. 屋外広告物講習会(※)の修了者
  3. 職業訓練指導員免許(職種:広告美術科に限る)
  4. 技能検定(職種:広告美術仕上げに限る)合格者
  5. 職業能力開発促進法による広告美術科の訓練の修了者

 (※)屋外広告物講習会は、都道府県、政令指定都市、中核市が開催しています。福井県では、毎年1回開催しています。
 

平成27年度 屋外広告物講習会(クリックすると詳細をご覧いただけます)
   ・日時 平成27年9月9日(水)、10日(木) 10:00~17:00
   ・場所 福井県庁 6階大会議室(福井市大手3丁目17番1号)

〇福井県で屋外広告業の登録を受けている事業者は次の一覧から確認できます。

   ・屋外広告業 登録業者一覧(平成28年3月31日現在)[PDF形式]

〇新規登録、登録更新を申請する場合は、次の手引きと申請書等をご覧ください。

   ・屋外広告業登録の手引き [PDF形式]  

   ・屋外広告業の登録 申請書等 [Word形式]

〇登録内容に変更があった方は、次の一覧と届出書をご覧ください(県に届け出る必要があります)。

   ・屋外広告業登録事項変更届について (提出書類一覧)[PDF形式]

   ・屋外広告業登録事項変更届出書 (様式第26号)[Word形式]

 

7.条例・様式・手引き等のダウンロード

 現在施行中の条例・規則等の全文を公開しています。〔以下、PDF形式〕 (最終更新:平成26年3月1日)

 

◎ 申請書・届出書様式は以下からダウンロードできます。〔以下、Word形式〕

 ○ 屋外広告物の許可等に関するもの
    ・屋外広告物等表示(設置)許可申請書 (様式第1号)
    ・屋外広告物等表示(設置)確認申請書 (様式第2号)
    ・屋外広告物等表示(設置)届出書 (様式第3号)
    ・広告物協定認定(変更認定)申請書 (様式第4号)
    ・広告物協定廃止届出書 (様式第5号)
    ・屋外広告物等表示(設置)協議書 (様式第6号)
 

8.お問い合わせ先(県・市町 担当課)

  屋外広告物に関することは、次のページの担当課までお問い合わせ下さい。

   ・屋外広告物の担当課(福井県)

ページのトップに戻る 

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、tokei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

都市計画課都市環境・公園グループ

電話番号:0776-20-0497ファックス:0776-20-0693メール:tokei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)