第4回 福井県LNGインフラ整備研究会

最終更新日 2013年2月22日ページID 027471

印刷

 第4回研究会では、敦賀港における具体的な事業化の検討結果の報告を受けました。事業者からは埋立造成地における受入基地および火力発電所整備、敦賀から滋賀間のパイプライン整備について検討結果が示されました。また、国からはリガス船(再ガス化設備をもつLNG輸送船)によるLNG受入に関する検討結果が紹介されました。

 その後の意見交換では、埋立造成による受入基地は整備コストの大きさ、事業期間の長さなどの課題があるため、解決方法の一つとして、国内で導入事例がないリガス船等を活用したフローティング基地について、ワーキンググループを設け、導入可能性と課題の検討を進めることなどを合意しました。

 詳細は議事概要をご覧ください。

会議風景

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、dengen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

電源地域振興課

電話番号:0776-20-0229ファックス:0776-20-0624メール:dengen@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)