新型コロナウイルス感染症について

最終更新日 2024年6月14日ページID 044751

印刷

○令和6年4月1日以降の新型コロナの体制について

 新型コロナウイルス感染症の医療提供等の体制については、令和6年4月1日以降、以下のとおりの体制となります。
 

医療提供体制について
 県による外来対応医療機関の指定・公表は令和6年3月末をもって終了しました。令和6年4月1日以降は、広く一般的な医療機関において、新型コロナの診療に対応する通常の医療提供体制になります。 
 発熱等の風邪症状があり、受診を希望する場合は、かかりつけ医またはお近くの医療機関に事前に電話連絡をし、受診してください。
 

・医療費の公費支援の終了
 治療薬の薬剤費および入院費は、令和6年4月以降は医療保険の負担割合に応じた通常の自己負担が生じることとなります。
 詳しくは「新型コロナウイルス感染症令和6年4月からの治療薬の費用について(リーフレット)」をご覧ください。

※医療機関、薬局におかれましては、新型コロナウイルス感染症公費に関するレセプトは、速やかに(遅くとも令和6年9月請求分の時期までに確実に)請求事務を行っていただきますようご協力をお願いいたします。
(参考)新型コロナウイルス感染症の令和6年4月以降の 医療提供体制及び公費支援等について(厚生労働省)(P11)

 

・福井県新型コロナ総合相談センターの終了 
 体調悪化時の相談対応や受診可能な医療機関を紹介するために県が設置している「福井県新型コロナ総合相談センター」は令和6年3月末に終了しました。
 詳しくは、「令和6年4月1日以降の新型コロナウイルス感染症に関する相談についてをご参照ください。

・ワクチン接種について
 
新型コロナワクチンの全額公費による接種は、令和6年3月31日で終了しました。令和6年4月1日以降、65歳以上の方および60歳から64歳で対象となる方(基礎疾患がある方)には、新型コロナの重症化予防を目的として秋冬に自治体による定期接種が行われ、費用は原則有料となります。
   
 詳しくは「厚生労働省 新型コロナウイルス感染症に関する令和6年4月以降の対応について」をご覧ください。
 

○新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ
チラシのダウンロードはこちらから⇒「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ」(PDF)
 
 

○引き続き感染対策を行いましょう

現在、県内で新型コロナウイルス感染者が継続して発生しています。

新型コロナウイルスの感染により重症化するリスクのある高齢の方や基礎疾患のある方への感染を防ぐためにも県民の皆さまには、以下のとおり、日ごろから感染予防を心がけ、体調を整えるようにご協力お願いします。

かんき

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、hoken-yobo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康医療局保健予防課感染症対策グループ

電話番号:0776-20-0351 ファックス:0776-20-0772メール:hoken-yobo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)