新型コロナワクチン接種について

最終更新日 2022年1月28日ページID 046356

印刷

〇ワクチンの3回目接種はお早めに
・接種券が届いたときに接種できるワクチンをできるだけ早く接種するようご検討ください。
・ファイザー、モデルナいずれのワクチンも抗体量は十分上昇し、オミクロン株にも有効です。
※モデルナの接種量は1・2回目の半量
 →2回目接種後と比較して、発熱や疲労など接種後の症状が少ないとの報告あり
(特例承認に係る報告書より)

中和抗体
※武田/モデルナ社のワクチンは、日本の追加接種では50㎍を接種することで薬事承認されていますが、この研究では100㎍を接種しています。

 オミクロンP

 オミクロンM

厚生労働省HP(外部リンク)
追加接種の安全性と効果について 
追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ 

〇1・2回目接種の予約受付を継続しております。

・感染・発症・重症化の予防のため、未接種の方は早めの接種をご検討ください。

 

〇接種を受けたい方、接種を迷っている方、お気軽にご相談ください。

福井県新型コロナワクチン接種相談センター
TEL:0776-20-2210(24時間受付)
・ワクチンの効果や副反応について知りたい方
・持病や妊娠中など心配事のある方
・接種券を紛失した方 など

 

〇ワクチンのリスクと感染症のリスクを比べてみましょう。

厚生労働省HP(外部リンク)
・若者のワクチン接種 メリットとデメリットの考え方

・ワクチンの有効性
・安全性と副反応
・新型コロナワクチンQ&A

首相官邸HP(外部リンク)

・わかりやすい動画
 ・内田篤人さん主演CM
 ・YouTuberはるあんさん×池田先生対談 など

「朝だよ!ハピネスふくい」特別編(福井県公式Youtubeチャンネル)
  
・「専門医に聞く!新型コロナワクチンについて(1)」
 
・「専門医に聞く!新型コロナワクチンについて(2
)」

  

 
〇県からのお知らせ
予約・相談等  ワクチン接種の空き情報・予約
        新型コロナワクチン相談窓口 

        県外学生向け・妊娠中の方向けの接種相談窓口

10代・20代男性と保護者の方へ 厚生労働省HP(外部リンク)
        新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について
       
接種後について ワクチン接種後の副反応         
        異物混入の可能性のある新型コロナワクチン(武田/モデルナ社製)への対応
           

県接種会場   モデルナワクチン接種センター(11月以降の接種を受付中)
        アストラゼネカワクチン接種
その他     
ワクチン接種証明書について

  

ワクチンのわかりやすいリーフレット

  

市町の接種体制

 各市町の追加(3回目)接種のスケジュール

 各市町の追加(3回目)接種の会場

 各市町の初回(1回目、2回目)接種の会場数

   

ワクチンの種類   

回接種(1回目・2回目接種)ワクチン

製薬会社 ワクチンの種類 接種回数 接種間隔 対象年齢 発症予防効果 免疫ができる時期
ファイザー社 mRNAワクチン 2回

3週間

12歳以上

約95% 2回目接種後約7日以降
武田/モデルナ社 mRNAワクチン 2回 4週間 12歳以上 約94% 2回目接種後14日以降
アストラゼネカ社 ウイルスベクターワクチン 2回 4週間~12週間
(8週以上の間隔で
接種することが望ましいと
されております)

原則40歳以上
(特に必要がある場合は18歳以上)

約70% 2回目接種後15日以降

追加接種(3回目接種)のワクチン

製薬会社 ワクチンの種類 接種回数 接種間隔 対象年齢
ファイザー社 mRNAワクチン 1回 2回目接種完了から原則8か月以上 18歳以上
武田/モデルナ社 mRNAワクチン 1回 2回目接種完了から原則8か月以上 18歳以上

〔参考〕厚生労働省ホームページより
 ▶
  新型コロナワクチンの有効性・安全性について

〔参考〕厚生労働省ホームページより
    新型コロナワクチン予防接種についての説明書

             
ファイザー社製(初回(1回目・2回目)接種用)  
     12歳~15歳のお子様の保護者の方は
こちらをご覧ください。 
    ・
武田/モデルナ社製(初回(1回目・2回目)接種用) 
     12歳~15歳のお子様の保護者の方は
こちらをご覧ください。
    
・アストラゼネカ社製(初回(1回目・2回目)接種用)
    ・
ファイザー社製(追加(3回目)接種用)
    ・
武田/モデルナ社製(追加(3回目)接種用)
 

     

接種の流れについて

〇初回(1,2回目)接種

(1)お住まいの市町から、「接種券」などが届きます。
(2)ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。
(3)電話やインターネットなどで予約をしてください。
(4)ワクチンを受ける際には、「接種券」と「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちください。
(5)当日は、速やかに肩を出せる服装でお越しください。
  初回接種の接種会場数はこちら 各市町の予約窓口などはこちら

〇追加(3回目)接種

(1)お住まいの市町から、追加接種用の「接種券」などが届きます。
(2)ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。(医療従事者は、お勤めの医療機関で接種を受けられる場合もあります。詳しくは勤務先にご確認ください。)
(3)電話やインターネットなどで予約をしてください。
(4)ワクチンを受ける際には、市町から郵送される「封筒の中身一式」と「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)」を必ずお持ちください。
(5)当日は、速やかに肩を出せる服装でお越しください。

 追加接種の接種スケジュール・会場数はこちら

※住民票所在地の市町(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。
 なお、次のような方は、住所地以外でワクチンを受けることができます。
 具体的な手続きは、接種を希望する市町にお問い合わせください。
 ・入院・入所中の医療機関や施設でワクチンを受ける方
 ・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方
 ・学生や単身赴任等、お住まいが住所地と異なる方

新型コロナウイルスの濃厚接触者となられた方は、接種予約を一旦キャンセルしてください

新型コロナウイルスの濃厚接触者となられた方は、保健所の指示により一定期間は自宅待機となります。
自宅待機期間中は、ワクチンを接種することはできません。
そのため、ワクチン接種を予約している場合は、接種予約を一旦キャンセルしてください。
自宅待機期間終了後に改めてご予約をお願いします。

ワクチンの接種は強制ではありません

一般的に予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。
受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

→職場におけるいじめ、嫌がらせなどに関する相談窓口はこちら
→人権相談に関する窓口はこちら

     

福井県出身県外学生向け・妊娠中の方向けの相談窓口

本県出身の県外学生の方が安心して就職活動などの学生生活をお送りできるよう、また妊娠中の方がスムーズにワクチンを受けられるよう、相談窓口を設置しました。お気軽にご相談ください。

 0776-20-0770
 受付時間:9:00~17:00(平日のみ)
 対応内容:県外学生の方 お住まいの自治体および帰福時の接種手続きや接種機会の紹介など
      妊娠中の方 接種会場の紹介など 

 

県内の接種実績

                               令和4年1月27日時点

区分 接種回数

接種率

(12歳以上)

合計 1,256,150
うち1回目 619,560 88.6%
うち2回目 615,246 88.0%
うち3回目 21,344

  注:ワクチン接種記録システム(VRS)より

○12歳以上人口:699,106人  ※令和3年1月1日現在の住民基本台帳より

○県内に配送されたワクチン量:1,487,070回分

 ・市町別および年齢別の接種実績(令和4年1月26日時点)

 

   

その他

詐欺

 

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、hoken-yobo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

保健予防課新型コロナウイルス感染拡大防止対策チームワクチン接種対策班

電話番号:0776-20-0771 ファックス:0776-20-0772メール:hoken-yobo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)