新型コロナワクチン接種について

最終更新日 2021年6月24日ページID 046356

印刷

 

 

県では、国内で新型コロナウイルスワクチンが薬事承認され、ワクチン接種が可能となった場合に備え、迅速かつ円滑な接種体制の構築が図られるよう準備しています。

県からのお知らせコロナワクチンの予約はWEBが便利です。 詳しくはこちら

         県内の接種実績はこちら

         福井県新型コロナワクチン接種センターの設置について

         県内医療機関の予約の空き状況はこちら

         

新型コロナウイルスワクチン接種の総合案内 
厚生労働省:コロナワクチンナビ(外部リンク)

よくある質問はこちら 厚生労働省:新型コロナウイルスQ&A(外部リンク)

             ワクチン接種による副反応

            

接種の流れについて

接種の流れは、次の通りです。
(1)お住まいの市町から、「接種券」や「新型コロナワクチン接種のお知らせ」などが届きます。
(2)ご自身が接種可能な時期が来たことをご確認ください。
(3)ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。
(4)電話やインターネットなどで予約をしてください。
(5)ワクチンを受ける際には、「接種券」と「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。
※具体的な接種会場や予約方法は、各市町にお問い合わせください。

住民票所在地の市町(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。

なお、次のような方は、住所地以外でワクチンを受けることができる見込みです。

具体的な手続きは、接種を希望する市町にお問い合わせください。

 ・入院・入所中の医療機関や施設でワクチンを受ける方

 ・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方

 ・学生や単身赴任等、お住まいが住所地と異なる方

 ワクチンの接種は強制ではありません
一般的に予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

→職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口はこちら

→人権相談に関する窓口はこちら

(参考)厚生労働省ホームページより
 新型コロナワクチン接種のお知らせ(高齢者向け)     

 ワクチン接種リーフレット
 血液をサラサラにする薬を飲まれている方へ  
 血液
 接種後の注意点(ファイザー社のワクチン版)    接種後の注意点(武田/モデルナ社のワクチン版)
 接種後の注意               接種後の注意(モデルナ)

ワクチン接種に関する相談窓口の設置

新型コロナワクチン接種について、皆さまからのお問い合わせに対応するコールセンターや相談窓口を国、県、市町で設置しています。
・接種の予約や会場などの手続きについて→市町の相談窓口
・副反応など専門的なことについて→県のコールセンター

・国のワクチン施策について→国のコールセンター
 詳しくは
こちら 

県内医療機関の予約の空き状況

県民のみなさまができる限り早期に新型コロナワクチン接種を受けることができるよう、医療機関における予約空き状況を公開します。

・公開の対象

 ・自ら予約を受け付けており、かつ、予約枠に空きがある医療機関

 ※予約枠に空きがあることを確認した医療機関から、順次ホームページに掲載します。

 医療機関の予約空き状況の一覧はこちら

※お住まいの市町の医療機関にお申込みください。

※市町によって、高齢者の接種のみ受け付けているところと、64歳以下の接種を受け付けているところがございます。現時点で接種を受けることができるかどうかは、お住まいの市町にお問い合わせください。

※既に予約が埋まっている可能性がございますので、その旨ご了承ください。

医療機関の方へ(周知チラシ)

コロナワクチンの予約に空きがある場合の周知チラシです。

ダウンロードしてご活用ください。

ワクチンの周知チラシ    

ワクチンのチラシ

WEB予約窓口

コロナワクチン接種の予約は、できるだけWEBで行いましょう!

家族・知人のみなさまは、WEB予約の操作をサポートしましょう!

福井県

福井県新型コロナワクチン接種センターの予約はこちらから

県営予約

福井市

WEB予約はこちらから

福井市予約

WEB予約説明はこちらから
敦賀市

WEB予約はこちらから

大野市

WEB予約はこちらから
WEB予約説明はこちらから
鯖江市

WEB予約・予約説明はこちらから

鯖江市QRコード

※WEB予約は集団接種会場のみ
 5/10 午前9時から予約開始

あわら市 WEB予約はこちらから
越前市 WEB予約はこちらから
越前市予約
※WEB予約は集団接種会場のみ
 5/10 午前9時から予約開始
WEB予約説明はこちらから
越前市予約説明
坂井市

WEB予約はこちらから  

坂井市予約

※WEB予約は集団接種会場と坂井市立三国病院のみ
5/1 午前9時から予約開始
※個別の医療機関については、医療機関に直接予約してください。

永平寺町 WEB予約はこちらから

WEB予約説明はこちらから

南越前町

WEB予約はこちらから

南越前町予約

美浜町 WEB予約はこちら
美浜町予約
(WEB予約は24時間OKです。)
※医療機関への直接予約はできません。
美浜町HP
新型コロナワクチン接種について
高浜町 現在準備中です。
おおい町

WEB予約はこちら

おおい町予約

WEB予約説明はこちら

 

 

 

接種開始時期  

国は、2月17日から医療従事者への先行接種を始めています。

その後、高齢者、基礎疾患のある方の順に進めていくこととしています。(接種順位参照)

県内の医療従事者への接種は、2月19日に始まった福井勝山総合病院に続き、3月5日からは県立病院等、その他の医療機関においても順次開始しています。

医療従事者等に対する優先接種の基本型接種施設および連携型接種施設は次のとおりです。

基本型接種施設・連携接種施設一覧
4月12日(月)の週から、県内全市町一斉に、高齢者施設における接種を開始します。(モデル施設での実施後、その他の施設
でも順次接種を行います。)

スケジュール

高齢者入所施設でのモデル接種について(モデル接種施設一覧)

施設に入所していない65歳以上の方には、お住まいの市町から接種券が郵送されております。

64歳以上の方には、順次お住まいの市町から接種券が郵送されますので、お待ちください。

各市町の接種スケジュールおよび会場については、次のとおりです。
接種スケジュールおよび会場(施設に入所していない65歳以上の方)

接種スケジュールおよび会場(64歳以下の方)
 

接種順位

 国が定めたワクチンの接種順位は、以下のとおりです

優先順位

対象者 備考
医療従事者等 新型コロナウイルス感染症患者に直接医療を提供する施設の医療従事者等(患者の搬送に携わる救急隊員等及び患者と接する業務を行う保健所職員等を含む。)
高齢者

令和3年度中に65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

基礎疾患を有する方

(1)令和3年度中に65歳以上に達しない方で、以下の病気や状態で、通院/入院している方
・慢性の呼吸器の病気
・慢性心臓病(高血圧を含む。)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
・免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群

・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

高齢者施設等に従事されている方 高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス、高齢者が入所・居住する障害者施設・救護施設等)において、利用者に直接接する職員
上記以外の方

なお、福井県における接種順位については、「ワクチン接種に対する基本的な考え方」をご覧ください。

県内の接種実績

 ・医療従事者等

  対象者:約3万3千人

 県内に配送されたワクチン量:62,554回分

              令和3年6月24日8時30分現在

接種回数 うち1回目 うち2回目
62,554 31,368 31,186

  注:ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)の実績

 ・高齢者(65歳以上)

  対象者:約24万人(高齢者約23万人+施設従事者約1万人)

  県内に配送されたワクチン量:430,016回分

            
令和3年6月24日8時30分現在

接種回数 うち1回目 うち2回目
219,805 152,927 66,878

注:高齢者:ワクチン接種記録システム(VRS)の実績

  施設従事者:ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)の実績

ワクチンの種類

各ワクチンは2回接種で、1回目と2回目は同じ製薬会社のワクチンを接種する必要があります。
薬事承認された3社のワクチンは次のとおりです。(予防接種法に基づいて接種できるのは、ファイザー社製および武田/モデルナ社製のワクチンです。)

各ワクチン特性
製薬会社 ワクチンの種類 接種回数 接種間隔 対象年齢 発症予防効果 免疫ができる時期
ファイザー社 mRNAワクチン 2回 21日

12歳以上

約95% 2回目接種後約7日以降
武田/モデルナ社 mRNAワクチン 2回 28日 18歳以上 約94% 2回目接種後14日以降
アストラゼネカ社  ウイルスベクターワクチン 2回 28日

アストラゼネカ社のワクチンについて、予防接種法に基づいて公費で受けられるワクチンとするかどうかは、引き続き、厚生労働省の審議会で議論していきます。

〔参考〕厚生労働省ホームページより
 ▶  新型コロナワクチンの有効性・安全性について

 〔参考〕厚生労働省ホームページより

      新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社製)  
    新型コロナワクチン予防接種についての説明書(武田/モデルナ社製)

   

ワクチン接種による副反応 

副反応とは

 一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。これらの副反応は、多くの場合数日以内に回復しています。数日たっても回復しない場合、かかりつけ医や接種医療機関等の身近な医療機関に受診をご検討ください。

先行的に接種を受けた医療従事者の健康観察の結果(抜粋)

 ・接種部位の痛み

 接種部位の痛み等については、1回目接種後、2回目接種後ともに約90%の方が発症しています。

 接種部位疼痛
 ・頭痛、倦怠感、発熱等 

  2回目接種後約50%の方が頭痛を、約70%の方が全身倦怠感を、38.5%の方が発熱を発症しております。

 頭痛や全身倦怠感、だるさなどの症状については、1回目より2回目の方が発生頻度が高くなります。
 また、高齢者の方が比較的副反応の出る頻度が低くなっております。

頭痛

だるさ

発熱

 

 出典 厚生労働省ホームページより 先行接種健康観察 健康観察日誌集計の中間報告

ファイザー社製ワクチンの副反応疑い報告

 副反応のうち、ワクチン接種後に発生した特定の症状(アナフィラキシー)や、ワクチン接種との関連を否定できない重篤な症状などは、医療機関から国に報告され、専門家による評価を行っております。

医療機関から副反応の疑いがあるとして報告された件数(令和3年5月30日まで)

接種回数 副反応疑い報告数 うち重篤報告数
13,059,159 10,658(0.08%) 1,260(0.01%)

出典 厚生労働省ホームページより 予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告について

死亡として報告された事例(令和3年5月30日まで)

因果関係評価 件数
ワクチンと症状名との因果関係が否定できないもの 0
ワクチンと症状名との因果関係が認められないもの 0
情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できないもの 139

出典 厚生労働省ホームページより 新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要

武田/モデルナ社製ワクチンの副反応について

 武田/モデルナ社のワクチンの副反応疑い報告についても、今後国から公表されます。
 主な副反応は以下のとおりです。

症状 接種部位の痛み、
疲労、頭痛
関節痛、悪寒、吐き気・嘔吐、
リンパ節症、発熱、接種部位の腫れ、
発赤・紅斑
接種後7日目以降の
接種部位の痛み
頻度 50%以上 10%~50% 1%~10%

 出典 厚生労働省ホームページ 接種後の注意点(武田/モデルナ社のワクチン版)

副反応に関するより詳しい資料などは、以下をご覧ください。

 〔参考〕厚生労働省ホームページより

   ▶厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会) ※これまでの厚生労働省の審議会の資料などが閲覧できます。

 副反応に係る相談窓口

副反応等の専門的な相談については、福井県新型コロナワクチン接種相談センターにお電話ください。
新型コロナワクチン接種相談センター
TEL:0776-20-2210
 FAX:0776-20-0797
受付時間
 24時間(土日、祝日含む)

副反応等の医学的知見が必要な相談のみお問い合わせください
※その他の相談については、お住まいの市町のコールセンターにお問い合わせ願います。
  問い合わせ先一覧はこちら
     

ワクチン接種後の副反応等に対応する医療体制

 新型コロナウイルスワクチン接種後、副反応を疑う症状を認めた場合、接種を受けた方は、まずは、身近な医療機関を受診することになりますが、さらなる対応が必要な場合は、身近な医療機関が紹介する専門的な医療機関において、診療等を受けていただきます。

 副反応に対応する医療体制の確保

健康被害救済制度

新型コロナウイルスワクチン接種後に副反応による健康被害が生じた場合についても、一般的なワクチン接種と同様に予防接種法に基づく救済制度が適用されます。
救済制度とは、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができる制度です。

詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

 

その他

詐欺

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、hoken-yobo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

保健予防課新型コロナウイルス感染拡大防止対策チーム

電話番号:0776-20-0771 ファックス:0776-20-0643メール:hoken-yobo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)