全国障害者スポーツ大会サポートボランティア

最終更新日 2018年11月20日ページID 039961

印刷

  平成30年10月13日(土)~10月15日(月)の3日間、平成30年度全国障害者スポーツ大会の選手団サポートボランティアとして1・2年生73名が参加しました。
 福井県では50年ぶりに開催される大きなスポーツの大会ということで、学生は5月からボランティアの研修を受けたり、サポートする競技を体験したり、横断幕を作成するなどの準備を進めて、担当する県や市の選手団をお迎えしました。聴覚障害のある方の担当は初めての経験でしたが、選手をサポートする中で、親交や交流を深めました。
 今回の体験は、看護職を目指している学生にとって大変貴重であり、さらなるボランティア活動や、今後の学びにも活かしていけるものになりました。

サポボラ1
担当地区の横断幕を作ってお迎えしました。

サポボラ2
視覚障害の方の卓球競技のため音を立てず静かに見守ります。

サポボラ3
お世話になった選手の方たちからベストにメッセージをいただきました。

サポボラ4
担当した選手団の方たちと記念撮影!「いろいろとありがとうございました」

サポボラ5 サポボラ6
最後はハイタッチで選手をお見送りしました。


参加した学生の感想から

1年生 平沢成佳
 今回初めてサポートボランティアというものを体験してみて、とても貴重な体験だったなと思いました。体に障害を持っていても、仲間と悔しさ、喜びをわかちあう姿はとても心に響きました。また、その仲間に入れてもらえたことがとてもうれしかったです。一生に一度しかない体験で、選手の方と出会えたこと、これも一期一会だと思いました。 

2年生 堀玲奈
 選手と過ごす時間はすごく充実していて、3日間あっというまでした。みなさん何らかの障害をもっていても、それを感じさせないくらい、生き生きしているのが印象的でした。応援して、選手の人が逆転勝ちしたときはすごく感動しました。試合の間には、聴覚障害の方と手話通訳の方に手話を教えてもらいました。コミュニケーションの取り方がわからず何もできなかったけど、そのおかげでいろんな人とコミュニケーションをとれるようになりました。その方に病院には手話ができる人がいなくて、筆談だから大変と言われて、私は手話ができるようになりたいと思いました。素敵な出会いや忘れられない貴重な体験ができて、参加して本当によかったなと思います。

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kansen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

看護専門学校

電話番号:0776-54-5166ファックス:0776-54-8114メール:kansen@pref.fukui.lg.jp

〒910-0846 福井市四ツ井2丁目8-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)