全国「里の達人」サミット

最終更新日 2013年9月18日ページID 024516

印刷

 里山保全・活用の先駆者を全国からお招きし、福井県内の団体を交えて、里山地域の活性化について議論が行われました。サミット終了後は、講師と参加者との交流会が行われたほか、翌日には「里山ツアー」と題し、勝山市内の里山視察が行われました。

全国「里の達人」サミット

○日 時趣旨説明
  平成25年9月11日(水) 13:30~17:30

○場 所
  福井県立恐竜博物館 講堂

○次 第                                                                                   
  13:30   開会あいさつ
         福井県安全環境部長      櫻本 宏                                    
  13:35   趣旨説明
         里地ネットワーク事務局長   竹田 純一
  13:45  基調講演「都市と農村との共生時代を伐り拓く『里の達人』」                               基調講演
          東京農業大学 名誉教授 進士 五十八                                           
  14:25  事例発表                                                                 
        ①コウノトリの郷づくり推進会 宮川 健三(福井県小浜市)
          「コウノトリと人が共生できる豊かな自然環境を目指して 」 
        ②山田兄弟製紙 株式会社 山田 晃裕(福井県越前市)
          「SAVE THE 鵜殿ヨシ原」~今、越前和紙に出来ること~
        ③金沢大学里山里海プロジェクト 中村 浩二(石川県金沢市)
          「里山里海マイスターが能登半島を元気にする」
        ④NPO法人 山野草の里づくりの会 福岡 定晃(奈良県桜井市)
          「手作りで始めた山野草の里づくりの歩み」                                
        ⑤北杜市オオムラサキセンター 跡部 治賢(山梨県北杜市)事例発表
          「オオムラサキが教えてくれる里地里山の活用と教育」
        ⑥西条・山と水の環境機構 中越 信和(広島県東広島市)
          「西条・山と水の環境機構の里地里山保全活動と山の日の制定」
   16:40  パネルディスカッション
          「里地里山が導く、教育、観光、産品、燃料、人づくり地域づくり」
           (パネリスト)事例発表の6名
           (コメンテーター)進士 五十八
           (コーディネーター)竹田 純一

○参加者数パネルディスカッション
   200名

 

交流会

○日 時
  平成25年9月11日(水) 18:30~20:30

○場 所
  勝山ニューホテル

○参加者数
  36名
 

里山ツアー大岩塊

○日 時
  平成25年9月12日(木) 9:00~

○視察場所
  ①大矢谷白山神社巨大岩塊
  ②池ヶ原湿原
  ③白山平泉寺
    ※その他永平寺自由散策

        →里山ツアーしおりはこちら池ヶ原 【表紙】 【内容】

○参加者数
  30名
 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kankyou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

環境政策課

電話番号:0776-20-0301ファックス:0776-20-0734メール:kankyou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)