アレルギー疾患に関する情報

最終更新日 2018年8月27日ページID 002119

印刷

★トピックス★
 福井大学医学部附属病院、日本耳鼻咽喉科学会福井県地方部会により、平成30年8月11日(土)にアレルギー疾患に関する講演会(福井県鼻の日保健大会)が開催されました。(福井県鼻の日保健大会ポスター
 講演会の動画を見ることができますので、ぜひご覧ください!食物アレルギー・アレルギー性鼻炎を中心に、「どんな病気なのか?」「どんな治療法があるのか?」「原因は何なのか?」「日常生活で気を付けることは?」「最新の治療法は?」といった疑問にわかりやすく答えてくださっています。

【動画(1/2)】食物アレルギーに関する講演(講師:福井大学医学部小児科 教授 大嶋勇成 先生)アレルギー専門医
【動画(2/2)】アレルギー性鼻炎に関する講演(講師:福井大学医学部耳鼻咽喉科 教授 藤枝重治 先生)アレルギー専門医


【主な疾患について】
気管支ぜんそくについて
アレルギー性鼻炎について
アトピー性皮膚炎について
食物アレルギーについて
アレルギー性結膜炎について
花粉症について

【診療等の情報について】
医療情報
ガイドライン等の情報

気管支ぜんそくについて

公益財団法人日本アレルギー協会 ホームページ

アレルギー性鼻炎について

一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会 ホームページ

アトピー性皮膚炎について

厚生労働省科学研究「アトピー性皮膚炎の既存治療法の適応と有効性の再評価に関する研究」

食物アレルギーについて

●食物アレルギーを知っておいしくたべよう 公益財団法人日本アレルギー協会 ホームページ
●学校における食物アレルギー対応の手引  福井県スポーツ保健課 ホームページ

アレルギー性結膜炎について

アレルギー性結膜疾患 日本眼科学会 ホームページ

花粉症について

  • 植物の花粉によるアレルギー反応(いわゆる異物反応)で、「くしゃみ」、「はなみず」、「はなづまり」、「目のかゆみ」などの症状を引き起こす病気です。
  • 植物の花粉は、人間にとって異物であるので、どの花粉でも花粉症を引き起こす可能性はありますが、一般的には、スギ、ヒノキ、ブタクサなどによるものが多いといわれています。
    特にスギ花粉は例年2月~4月に飛散しており、この時期に花粉症の症状が出やすくなります。(福井県は、総面積のうち約74%が森林であり、そのうちスギが36%を占めています。)
  • 予防は、日常生活において花粉との接触を避けることが基本で、外出時はマスクやメガネを使用したり、帰宅時には顔や手をよく洗ったりすることが重要です。また、花粉情報を参考にして花粉が多く飛散するような日は外出を控えることも大切です。
  • 花粉症の診断や治療は、医療機関で受けることができます。鼻症状がある場合は耳鼻咽喉科、目の症状がある場合は眼科の受診が考えられますが、内科、小児科、アレルギー科を標榜している医療機関でも受診できます。
  • 診断は、血液検査やアレルギーを起こす物質を使った皮膚反応などで診断します。
  • 治療は、薬物療法や減感作療法などがあります。一部の医療機関では手術療法を実施しているところもあります。
  • 治療の効果や副作用については人によって異なることがありますので、主治医の先生とよく相談して下さい。(特に、ステロイドの入った内服薬、点鼻薬、点眼薬などは、効果がある反面、副作用も強いので、薬の使用に当たっては、主治医の指導に従ってください。また、薬の副作用で眠気が出るものもありますので、自動車の運転などには注意してください。

花粉飛散情報

●福井県花粉情報 福井県衛生環境研究センター ホームページ
●花粉観測システム(愛称:はなこさん) 環境省 ホームページ

花粉症に関するリンク集

医療情報

アレルギー専門医・指導医 社団法人日本アレルギー学会 ホームページ

ガイドライン等の情報

公益財団法人日本アレルギー協会 ホームページ

関連記事

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kennzou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康増進課疾病対策グループ

電話番号:0776-20-0350ファックス:0776-20-0643メール:kennzou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)