福井県民有林の森林資源状況

最終更新日 2013年8月20日ページID 002076

印刷

 

 

 福井県の民有林面積は、約27万ヘクタールあります。そのうち、人工林は約40%を占めています。人工林の代表的な樹種は、スギ・ヒノキです。

             【民有林資源(面積)】

民有林面積

注:森づくり課調べ(平成24年3月末現在)

〈用語の説明〉

[民有林]

民有林とは、国有林以外の森林で個人の森林、会社の森林、県・市町村の森林などの総称です。通常、県・市町村の樹立する地域森林計画・市町村森林整備計画では、民有林を対象にします。民有林のうち、県・市町村所有の森林を公有林、それ以外を私有林と呼び、区別しています。  

[国有林]

国有林とは、国が所有する森林の総称です。

[人工林・天然林]

人工林とは、人が手をかけて育成した森林で、多くの場合、苗木を植えて大きくなるまで育てます。一方で自然に育成している森林を天然林と呼び区別しています。 

[森林の所有区分フロー図]

森林の所有区分フロー図   

「福井県の森林資源」へ戻る

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、mori@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

森づくり課

電話番号:0776-20-0442ファックス:0776-20-0655メール:mori@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)