水防法について

最終更新日 2017年1月26日ページID 015465

印刷

 水防法とは「洪水、雨水出水、津波又は高潮に際し、水災を警戒し、防御し、及びこれによる被害を軽減し、もって公共の安全を保持する」ことを目的とした法律です。水防活動は、この法律により定められた都道府県の水防計画に応じた市町村の水防計画に基づき、具体的な活動を始めることとなっています。

  水防活動とは、洪水の発生を未然に防ぎ、または洪水が起こったときに被害を最小限にするために行う活動のことで、増水した河川のパトロールや堤防に土のうを積んで越水を防いだり、崩壊しそうな堤防を補強するものです。水防活動に関しては、市町村が主体となって消防機関、水防団を出動させ業務にあたらせます。

 なお、近年、洪水のほか、内水・高潮により、現在の想定を超える浸水被害が多発しており、洪水に係る浸水想定区域の拡充、内水・高潮に係る浸水想定区域、水位周知制度の創設により避難体制の充実・強化を図ること等を目的に平成27年5月に水防法が改正されました 。改正の主な内容は次のとおりです 。
 

水防法改正(H27年5月)(PDF:38KB)

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、sabo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

砂防防災課防災グループ

電話番号:0776-20-0494ファックス:0776-20-0676メール:sabo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)