【H22.12.28】馬淵国交大臣、高木文科大臣との面談(12月27日実施)

最終更新日 2010年12月28日ページID 013615

印刷

  西川知事は12月27日(月)に中川議長とともに馬淵国交大臣、高木文科大臣と面談し、敦賀までの新規着工について年末の結論が先送りされたことに対し、これまでの検討内容や今後の見通し等の説明を求めました。

 面談では、西川知事が馬淵国交大臣に、福井県民の憤りを伝え、検討の過程を明示するよう求めたことに対し、 大臣からは「年内の結論を得られなかったことに不本意の気持ちを表し、今後年明けから、北陸新幹線を含めた未着工区間、3線について5条件の詰めを行なっていく。」との方針が示されました。

 また高木文科大臣との面談で、大臣は「もんじゅの重要性、福井県の国策への貢献を総理、官房長官に改めて伝え、政府全体で取組んで行きたい」と述べました。

馬淵国交大臣との面談
  馬淵大臣    馬淵大臣

高木文科大臣との面談
  高木大臣    高木大臣

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、shinkansen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

新幹線建設推進課

電話番号:0776-20-0298ファックス:0776-20-0729メール:shinkansen@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)