明るい選挙推進青年活動隊(CEPT)の活動

最終更新日 2017年2月3日ページID 006031

印刷

 1 設置の趣旨・目的

     近年、各種選挙における投票率の低下が懸念されていますが、とりわけ、20代、30代前半の投票率が低い状況にあります。例えば、21年の衆議院選挙において県内のある投票区では、投票率が75.76%でしたが、20~24歳は49.01%、25~29歳は62.02%となっており、極端に低くなっています。

     選挙は民主主義の根幹をなすものであり、民主主義の健全な発展のためには多くの有権者が選挙に参加することが必要です。

     こうしたことから、福井県明るい選挙推進協議会、福井県選挙管理委員会では、若年層の政治や選挙に対する関心を高めるための啓発活動が重要と考え、若者の視点から、啓発活動を企画立案し実践していただく、明るい選挙推進青年活動隊を結成しました。

     

2 活動状況・予定

 メンバーの趣味・特技を活かしながら、サークル的なノリで、ワイワイガヤガヤ活動しています。
 活動内容は、CEPTが自主的主体的に決定しています。活動の大まかなメニューとして次のようなものを予定していますが、具体的内容は企画会議で検討しています。 

  1. 企画会議の開催
  2. 政治・選挙等についての学習
  3. 明るい選挙推進協議会の啓発活動への参加
  4. 大学祭等での啓発
  5. 選挙時の臨時啓発
    29年度の活動状況
    28年度の活動状況
    27年度の活動状況
    26年度の活動状況
    25年度の活動状況
    24年度の活動状況 
    23年度の活動状況
    22年度の活動状況
    21年度の活動状況
    20年度の活動状況 
     

 3 隊員募集、名称の決定等

 平成17年6月に県内に在住、在勤、在学する20歳代の若者を対象に明るい選挙推進青年活動隊隊員を新聞やHPのお知らせにより募集したところ、男性3名、女性6名(学生7名、社会人2名)の応募がありました。
平成17年8月23日には9名の隊員の総意により、正式名称が次のとおり決定されました。

「 明るい選挙推進青年活動隊 CEPT 」

CEPTは、「 Clear(Clean) Election Promotion Team 」の各英単語の頭文字を順に組み合わせたものです。
意味は、明るくきれいな選挙を推進するチームということです。
読みは、「セプト」で、これ(CEPT)自体で愛称・略称としても使用していく予定です。
interceptという単語がありますが、このCEPTは、「―ceptor」という"taker(捕獲人、受取人等の意)"、"receiver(受取人、受信機等の意、アメフトではフォワードパスを受ける攻撃側チームの選手、野球では捕手)"の意を表すラテン語からの借用の造語要素から由来するものだそうです。「明るい選挙推進青年活動隊 CEPT」は、若者の政治や選挙についてのいろんな思い・考えを「受け止め」、「捕獲して」、積極的な啓発活動を展開していくとの意欲・決意も込められています。


     CEPTのメンバーも募集しています。募集チラシはこちら(PDF)をご覧ください。
     CEPTの概要についてはこちら(PDF)をご覧ください。
      
アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、senkan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

選挙管理委員会事務局

電話番号:0776-20-0357ファックス:0776-20-0631メール:senkan@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)