福井県伝統的民家技能者(大工・左官)登録制度

最終更新日 2017年8月30日ページID 008171

印刷

 瓦葺きの切妻屋根に漆喰の白壁が美しいどっしりとした農家や道路沿いに美しい格子窓が連なる町家など、地域の人々の生活のなかで受け継がれ、地域固有の景観を形成している伝統的民家が県内に存在しており、県は、この貴重な資産である伝統的民家を次世代に継承していくための施策を展開しております。
 しかし、伝統的民家の保存および活用に関する情報が容易に収集できる環境にないことから、伝統的技法を習得している建築技能者を福井県伝統的民家技能者として県が登録し、広く情報発信しています。

  福井県伝統的民家技能者(大工)登録一覧[PDF、373KB](平成29年8月30日現在、登録者数31名)

  福井県伝統的民家技能者(左官)登録一覧[PDF、397KB](平成29年4月17日現在、登録者数33名)

伝統的民家 大工道具
左官道具

 

福井県伝統的民家技能者(大工)
原則として、次の各号に掲げる要件のすべてを満たす者のうちから知事が登録するものとする。ただし、特に優れた技術を有し、伝統工法の継承に寄与すると県が認める者については、この限りではない。
(1) 大工として15年以上、かつ、大工棟梁として10年以上の実務経験を有し、現に大工に従事している者
(2) 伝統的技法による施工経験を有する者
(3) 建築士法に規定する一級また二級建築士
(4) 建築大工1級技能検定合格者または同等の資格を有する者として認められる者
(5) 福井県内に在住または勤務する者
福井県伝統的民家技能者(左官) 
次の各号に掲げる要件のすべてを満たす者のうちから知事が登録するものとする。
(1) 左官技能工として15年以上、かつ、親方(左官)として10年以上の実務経験を有し、現に左官技能工に従事している者
(2) 小舞下地、土塗壁および漆喰塗の伝統的技法による施工経験を有する者
(3) 左官1級技能検定合格者または同等の資格を有する者として認められる者
(4) 福井県内に在住または勤務する者

また、伝統的技法を習得している建築技能者(大工・左官)の方(上記の条件に該当する方)を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒ 大工 | 左官

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、bunshin@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

文化振興課

電話番号:0776-20-0580ファックス:0776-20-0661メール:bunshin@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)