児童向け土木事業PRパンフレット「土木ってなんだろう?」を制作しました

最終更新日 2019年11月1日ページID 042408

印刷

児童向け土木事業PRパンフレット「土木ってなんだろう?」を制作しました

1.制作の趣旨

福井土木事務所の現場紹介を通して、土木事務所や建設業界の取組みや役割を県民のみなさま(特に学生・児童など)にPRし、建設業への関心や興味を高めていただこうとPRパンフレットを制作しました。

「土木ってなんだろう?」(令和元年度版)

表 紙 中 身 裏 表 紙
hyoushi e ura

PDFはこちら

表紙(PDF形式:1,265KB) 中身(PDF形式:2,189KB) 裏表紙(PDF形式:941KB)

2.掲載内容

・福井土木の現場紹介(事業効果や必要性の説明)

・福井土木の取組みや役割

・建設業界の取組みや役割

3.配布予定

福井土木の現場見学会参加者、福井地区建設業会、福井市、永平寺町など

 

4.現場紹介

パンフレット内で紹介した現場を紹介していきます。

はし

新九頭竜橋(仮称)                                     一般県道福井森田丸岡線(福井市中藤新保町)

全国初となる道路と新幹線供用の全長415mの橋梁を建設しています。      詳しい説明はこちらを参照してください。

はし

福井駅前シンボルロード

主要地方道 福井停車場線(福井市中央)

地域住民と協力して花の維持管理をしています。                              福井市では34箇所、永平寺町では3箇所において活動を実施しています。                         詳しい説明はこちらを参照してください。

トンネル

国道476号 野津又トンネル(福井市東俣町)

昭和10年に完成した延長78.3m、幅員5.3mのトンネル。山岳工法で建設されていて、側面、天井共にコンクリートで覆われています。

仮設

一般国道305号(福井市居倉町)

平成30年7月に土砂災害が発生しました。10月には仮橋を設置しました。                   令和2年3月までに国道を開放予定です。

トンネル

永平寺ダム(吉田郡永平寺町志比)

2001年に完成。九頭竜川水系の一級河川・永平寺川の上流に建設されたダム。堤高57m、堤頂長177mの重力式コンクリートダムであり、洪水調整・利水等を目的に建設されました。

ごがん

永平寺川(吉田郡永平寺町志比)

永平寺門前再構築プロジェクトとして、平成28年9月から平成30年8月まで護岸等を整備しました。                                           近くに永平寺があるということから、景観に配慮した整備を行いました。

砂防ダム

押谷川砂防ダム(吉田郡永平寺町京善)

平成24年から事業を行っています。                          異常出水時における渓岸、渓床からの土砂流出を防止するため、砂防ダム、護岸工、床固め工、帯工等を整備しています。

急

加茂河原地区(福井市加茂河原町)

平成26年度から事業を行っています。                              急傾斜地対策として、斜面からの崩壊土砂を人家の手前でくいとめるために、重力式擁壁等を整備しています。

地図

Google Maps サイトに移動して表示する(新しいウインドウが開き、福井県のサイトを離れます)

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、fu-dobok@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

福井土木事務所

電話番号:0776-24-5111ファックス:0776-24-5090メール:fu-dobok@pref.fukui.lg.jp

〒910-0853 福井市城東4丁目28-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)