「『ふくいそば』を食す会」を開催しました!

最終更新日 2019年3月20日ページID 040977

印刷

 県では、福井のそばの知名度向上と消費拡大のため、県内外へ広くPRしています。

 平成31年3月6日、福井そばルネッサンス推進実行委員会が東京の「九頭龍蕎麦 本店」で「『ふくいそば』を食す会」を開催しました!

 当会には、食に関する雑誌の編集者、都内のそば店主ら約30人が参加し、椀がき作りを体験した後、おろしそばとざるそばを地酒とともに堪能し、県産そばへの理解を深めました。

 実行委の宝山栄一会長は「注目を集めている福井のそばを味わってもらいたい」とあいさつ。 (有)斉藤製粉所の齊藤稔社長が県産そばについて「昔ながらの在来種を県下全域で栽培している。多くの在来種が残っているのは福井県だけ」と紹介。小粒で皮が薄く実が詰まっているのが特徴と話し、「香り、味に深みがある」とアピールしました。

2 1

3

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、fukuimai@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

福井米戦略課

電話番号:0776-20-0425ファックス:0776-20-0649メール:fukuimai@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)