介護保険制度について

最終更新日 2012年4月1日ページID 004822

印刷

わが国では急速な高齢化とともに、介護の問題が老後の最大の不安要因となっています。

介護が必要になっても、残された能力を活かして、できる限り自立し、尊厳をもって生活できるようにすることは国民共通の願いですが、現実には家族だけで介護を行うことは非常に困難になっています。

介護保険制度は、介護を国民みんなで支え、利用者の希望を尊重した総合的なサービスを安心して受けられる仕組みを作ろうとするものです。

ページのトップに戻る


  • 介護保険制度は、平成12年4月1日からスタートしました。
  • 介護保険は、老後の安心を社会全体で支える社会保険制度です。
  • 40歳以上の方が、被保険者(加入者)です。
  • 要介護の認定や保険料の賦課・徴収は、各市町が行います。
    (あわら市および坂井市は「坂井地区広域連合」)
  • 保険料は、住んでいる市町ごと(65歳以上の方)、または加入している医療保険(40~64歳の方)により異なります。
  • 自己負担(利用者負担)は、1割です。
  • サービスを利用するためには、まずお住まいの市町に要介護認定の申請が必要です。
  • 介護保険では、在宅サービス施設サービスを受けることができます。

ページのトップに戻る

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、choju@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

長寿福祉課

電話番号:0776-20-0331ファックス:0776-20-0642メール:choju@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)