福井県立歴史博物館 常設展示 アクセス 図録通販
TOP > 企画展示

  企画展示カレンダー

過去の企画展示一覧はこちら>>

2020年8月

企画展・イベント 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
エントランスギャラリー パネル展「姉川合戦図屏風の武将たち」
2F 特別展示室 特別展「天下人の時代〜信長・秀吉・家康と越前」
1F 展示室
イベント

2020年9月

企画展・イベント 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
エントランスギャラリー

パネル展「姉川合戦図屏風の武将たち」
2F 特別展示室  
1F 展示室  
イベント  

2020年10月

企画展・イベント 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
エントランスギャラリー パネル展「姉川合戦図屏風の武将たち」
 
2F 特別展示室   「行幸啓と福井」(仮)
1F 展示室  
イベント  

イベント

5月16日(土)14:00〜15:30
ふくい歴博講座「ふくいの神像と変遷(仮) 延期

□1F 研修室
□ライフ・アカデミー連携
□講師:河村健史(当館学芸員)
申込不要・当日受付・筆記用具持参
↑ページトップへ

特別展

7月18日(土)〜8月31日(月) 会期中無休
「天下人の時代 ―信長・秀吉・家康と越前―」 

□2F 特別展示室 詳細ページはこちら(新しいウィンドウが開きます)
■関連イベント 詳しくはこちら(pdfファイル。新しいウィンドウが開きます)

  7月19日(日)14:00 ふくい歴博講座「明智光秀と越前朝倉家の薬・生蘇散」  ※終了しました。
               講師:石川美咲氏(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館学芸員)

  8月 8日(土)14:00 特別講演会「明智光秀―天下人への道」 講師:早島大祐氏(関西学院大学教授) ※定員に達しましたので募集は締切ました。

  8月22日(日)14:00 ふくい歴博講座「新出資料:本能寺の変直後の柴田勝家書状を読む」 
               講師:大河内勇介(当館学芸員) 参加申し込み受付中

□観覧料:一般400円、大学・高校生300円、小中学生200円、70歳以上の方200円
*20名以上の団体は2割引。特別展のチケットで、館内の展示はすべてご覧になれます。
*身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は、手帳を提示いただきますと、本人およびその介護者1名の特別展観覧料は半額となります。


賤ヶ岳合戦図屏風(右隻)(勝山城博物館蔵) 織田信長朱印状(印文「天下布武」)

 現在、明智光秀を主役とするNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が放映されており、戦国時代への関心が高まっています。
 戦国の乱世から天下の統一へ。激動する時代のなか、多くの武将たちが活躍しました。なかでも馴染み深いのが織田信長・豊臣秀吉・徳川家康といった「天下人」ではないでしょうか。
 本展では、「天下人」がどのように越前に関わったのかという視点から、激動の時代における越前の位置づけを考えます。
 また、戦国時代といえば、武将たちが命運をかけて挑んだ合戦が思い浮かびます。実は、天下の大局を決する合戦には越前が大きく関係していました。そこで、合戦図や武具を中心に、肖像画や古文書など、貴重な資料を一堂に集めて展示します。ぜひ、合戦の迫力、武将達の息吹を体感してください。
↑ページトップへ

イベント

8月22日(土)14:00〜15:30
ふくい歴博講座「新出資料:本能寺の変直後の柴田勝家書状を読む」

□1F 講堂
□ライフ・アカデミー連携
□講師:大河内勇介(当館学芸員)
参加無料・事前受付(電話申込、先着順)・定員80名・筆記用具持参
※7月22日から電話受付開始
↑ページトップへ

イベント

9月19日(土)14:00〜15:30
ふくい歴博講座「狛犬たちのいるところ」(仮) 

□1F 講堂
□ライフ・アカデミー連携
□講師:瓜生由起(当館総括学芸員)
参加無料・事前受付(電話申込、先着順)・筆記用具持参
↑ページトップへ

企画展

5月18日(月)〜6月23日(火) 休館日 5月27日(水)〜6月2日(火)・10日(水)
「絵で楽しむ 大正・昭和ロマンの旅」  終了しました。

□2F 特別展示室
 
□観覧料:入館料(一般100円、高校生以下・70歳以上の方無料)のみでご覧になれます。
*20名以上の団体は2割引。

 
「愛知県鳥瞰図」昭和2年(1927) 吉田初三郎画
「天下の絶勝 東尋坊三国芦原電鉄図絵」昭和2年(1927) 吉田初三郎画

 大正時代末期から昭和初期にかけて、全国各地の景観を描いた鳥瞰図が数多く作られました。鳥瞰図とは、空を飛ぶ鳥の支店で空中から地上を見下ろしたように描いた絵図です。。
 鳥瞰図を描いた代表的な絵師が吉田初三郎(1884〜1955)です。初三郎は、国内の鉄道会社を中心とした多数の企業家や地方公共団体をはじめとして、政府や軍関係・皇室関係などからの依頼で数々の鳥瞰図を描きました。全国各地の1600点以上の作品が確認されています。
 初三郎の鳥瞰図の多くには、鉄道を中心とする交通網とその沿線にある観光名所や景勝地が描かれています。この時期、旅行で観光地を巡ることが流行したこともあり、鳥瞰図は人気を集めました。
 ここでは、福井県内をはじめとして、北は北海道から南は鹿児島県までの鳥瞰図を紹介します。初三郎が描いた鳥瞰図で全国の観光地を訪ねてみませんか。

※詳しい資料一覧はこちらからどうぞ(新しいウィンドウが開きます)
  
↑ページトップへ
〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL:0776-22-4675 FAX:0776-22-4694
https://www.pref.fukui.lg.jp/muse/Cul-Hist/