県民ワクワクチャレンジプランコンテスト2020(女性部門)審査結果

最終更新日 2020年7月21日ページID 044860

印刷

 7月19日(日)、福井県国際交流会館において、「県民ワクワクチャレンジプランコンテスト2020(女性部門)」公開プレゼンテーション審査会が開催されました。
 応募のあった11組によるプレゼンテーションの結果、20万円コース4組、50万円コース3組、100万円コース1組が採択されました。
(プランの一覧と採択結果・採択金額は、ページ下部の添付ファイルからご覧いただけます。)

採択者全員

採択者のみなさん

審査会の様子

部長あいさつ

前田地域戦略部長あいさつ

今回の審査会は、新型コロナウイルス感染症対策のため、YouTubeライブでの配信を行いました。

◆◇アーカイブ配信は下記リンクよりご確認いただけます。◇◆
プレゼンテーション審査(20万円コース)
プレゼンテーション審査(50万円コース・100万円コース)
表彰式

プレゼン1 プレゼン2

プレゼンテーションの様子

採択プラン

20万円コース

20万採択者


1 「五感を活かし池田町を体感アーシングツアー」 宇野いく子

 ・ストレス開放等を目的とした「アーシングツアー」を実施
 ・屋内でのワークショップをツアーに加える等、池田町に愛着を持った関係人口の増加を図る

2 「地産地消スイーツで福井をPR」 木村久留美

 ・県内で生産する野菜や果物などの食材を使用したスイーツを開発
 ・ふるさと納税と連動したECサイトを構築し販売

3 「スイーツ&フラワープロジェクト」 清水文子
 ・小浜市宮川地区を拠点とし、お菓子教室、スイーツ販売、カフェ事業を展開

4 「親子で飛ばそうドローン教室」 八田智子
 ・ドローンの楽しさを広め、家族の絆を深めるイベントの開催

50万円コース

50万採択者

1 「みんなが輝く!給食カフェで『WAKASA産100%メニュー』をつくる・楽しむプロジェクト」 石倉怜菜
 ・子どもや生産者等とともに地域食材を活用し、健康に配慮した給食メニューを開発
 ・熊川宿内のカフェで販売する他、町内の学校給食での提供を行う

2 「瀧澤先生の想いを引き継ぎたい みんなで立ち合い出版プロジェクト」 つるがおへその会(代表:小保瑠美)
 ・令和2年6月に亡くなった瀧澤先生が撮影した写真と理念を掲載した書籍を出版
 ・瀧澤助産院で実践してきた家族や母親との関わり方、子育ての理念を広く伝えることを目指す

3 「HAGOROMO project」 HAGOROMO project実行委員会(代表:大平藍)
 ・絹の質感を生かした冠婚葬祭用のマスクを作成し、羽二重織産業の文化継承・再活性化を目指す
 ・縫製技術を教えたうえで自宅での縫製作業を担ってもらう等、新たな女性活躍の環境づくりを促進

100万円コース

100万円採択者 

「ふくいテレワーク女子プロジェクト」 ふくいテレワーク女子(代表:後藤美佳)
 ・WEBマーケティングにおける専門知識やPCスキルを一貫して教育できる環境を整備・県内女子テレワーカーを育成
 ・県内地場産業と女子テレワーカーのマッチングにより、地場産業をPRし全国発信

審査員長(福井大学国際地域学部准教授 田中志敬先生)の講評

 今年はどのプランも具体的に記載されており、選ぶのが非常に難しかったです。
 一方、プランへの情熱がこもりすぎて、やや壮大なコンセプトを掲げた結果、活動の目的と内容がずれていると思われるものもありました。時間と労力には限界がありますので、優先順位をつけてやれることから進めてください。
 皆さんの活躍に期待しています。
 

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kenkatsu@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

県民活躍課

電話番号:0776-20-0319 ファックス:0776-20-0632メール:kenkatsu@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)