県管理ダムにおける事前放流

最終更新日 2020年6月11日ページID 044343

印刷

事前放流の運用開始について

既存ダムの洪水調節機能強化に向けて、
令和2年度の出水期より、県管理8ダムにおいて事前放流の運用を開始します。
(出水期:6/16~10/15)

【tips】事前放流とは

事前放流のイメージ

事前放流図

【tips】洪水調節容量とは利水容量とは堆砂容量とは

事前放流の効果

県管理ダム全体で洪水調節容量を最大で約2割増やします。

事前放流の実施方法

  • 水利用の需要が少ない時期(9月~翌年2月、3月)➡ あらかじめ水位を下げます。
  • それ以外の時期 ➡ 国から提供される「ダム上流の予測降雨量」が基準値以上のときに実施します。

事前放流量の確保方法

  1. 堆砂容量のうち、堆砂がなく利用可能な量
  2. 利水容量のうち、利水者と調整し同意が得られた量

対象となるダム

実施ダム

用語解説

  • 事前放流:洪水の発生を予測した場合に、利水容量等から放流して洪水調節容量として活用する手法
  • 洪水調節容量:大雨の際に洪水発生を防ぐため、一時的に水を貯めるための容量
           平常時は洪水に備えて空けてあります。
  • 利水容量:水道用水、農業用水、発電等に利用する水を貯めるための容量
  • 堆砂容量:ダム湖に流入してくる土砂のため予め設けておく容量

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kasennka@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

河川課

電話番号:0776-20-0480ファックス:0776-20-0696メール:kasennka@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)